キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

体を温める食材や飲み物は?

calendar

体が冷えるのは体調を崩す元になりますし、特に女性は体を温めないとあちこちに不調が出てきます。

そうならないためには、普段から体を温める食材や飲み物を意識してとることがとても有効なんです。

このページでは体を温める食材や飲み物とともに、冷え対策をしているワタシのおすすめも含めてをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

体を温める食材は?

体が冷えやすいのは仕方ない・・・とあきらめ気味の方は多いと思いますが、これを放っておくと美容や健康にも影響が及びます。

体の冷えによって免疫力が落ち病気にかかりやすくなりますし、体がだるい・疲れやすいなど体の不調も出てきます。

新陳代謝が悪くなりますので、肌のはりつやが失われ肌トラブルも起こしやすくなることも・・・。

体を冷やしてもいいことは一つもないです。

体を温めて体温を上げるというのは、健康や美容と切っても切れない関係なんですね。

では体を温めるには、どんなものを食べたら良いのでしょうか?

■野菜

体を冷やさないためには旬の野菜を食べていれば問題ないのですが、スーパーには季節に関係なく色々な野菜が売られていて旬の物がどれなのかがわかりにくくなっています。

黒や赤・オレンジなどの色をした野菜や土の下に実のなるものは、体を温める性質を持っているとされています。
どんな野菜が体を温めるかざっとご紹介します。
・にんじん
・ごぼう
・ねぎ
・たまねぎ
・れんこん
・かぼちゃ
・にんにく
・にら
・しょうが
・じねんじょ
・ふき
・小松菜

もし体を冷やす性質の野菜を食べる場合は、加熱料理に使うようにするとよいです。
レタスやトマト・茄子などは、煮込料理や炒め物・スープなどに加えるなどして冷えを防ぎましょう。

■フルーツ

フルーツは基本的に体を冷やすものが多いですが、寒い地域で採れるフルーツを選べば大丈夫。

・りんご
・さくらんぼ
・栗
・みかん
・きんかん
・いちご
・桃

パイナップルやマンゴーなどの南国フルーツは体を冷やす性質がありますので、工夫して食べるとよいです。

例えばバナナなら焼きバナナにする、パイナップルは酢豚など加熱料理に使うなどでもかなり違ってきます。

■調味料

体を温める調味料には、味噌・醤油・塩などがあります。
添加物の入っていない伝統的な製法で作ったものを選ぶようにするのがポイントです。

調味料は意外と余計なものが入っていることが多いので、必ず裏面の成分表示を確認しましょう。

酢や砂糖・マヨネーズは体を冷やしますのでほどほどにしておいたほうがよいです。

■魚

・鮭
・さば
・いわし
・さんま
・かつお
・まぐろ
・かに
・ちりめんじゃこ

寒いところでとれる魚や赤身の魚などは体を温めてくれます。
どれも手に入りやすいものなので、バランス良く食事にとりいれましょう。

■肉

肉は体を温める性質を持っていますが、特に羊肉や鶏肉・鹿肉は体を温めるとされています。

特に体の冷えが気になる場合は羊肉を適度にとりいれてみましょう。

ラムはクサイ!というイメージを持っている方も多いですが、濃いめの味付けにすればそんなに気になるほどではないです。

ご飯のおかずにもぴったりなのでたっぷりの野菜を添えて、夕食のおかずにしてみてください。

体を温める飲み物は?

温かい飲み物なら体を温めてくれると思いきや、実はそうでもないのです。

知らないうちに体の冷える飲み物を口にしないよう、どんな飲み物が体を温めてくれるのかざっとチェックしていきましょう。

・梅醤番茶
・タンポポコーヒー
・紅茶
・ほうじ茶
・黒豆茶
・ゴボウ茶
・ココア
・ルイボスティ
・ウーロン茶
・ホット赤ワイン

体の冷えが強いなあ~というときに最近よく飲むのが梅醤番茶。

梅醤番茶とは三年番茶に梅干し・醤油を入れたもので、昔から民間療法として取り入れられてきた飲み物です。

材料が梅干しと醤油ですからね~
初めて飲んだときは味的にナニコレ?って感じでしたが、慣れてしまったのでいまではなんともおもわなくなりましたしそれよりも体が温まるので重宝しています。

ポイントは添加物を含まない本物の醤油・梅干しを使う事です。

材料をそろえるのが大変なら梅醤番茶の元?が売っていますので、これを一つ買っておくといいです^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1202円(税込、送料別) (2017/12/25時点)

おわりに

体を冷やさないというのは大前提としてありますが、何かを集中的に食べていたのでは全体のバランスが崩れてしまいますので要注意。

体を冷やす食べ物が必ずしも悪というわけではないので、その辺を間違えると方向性がズレてしまいます。
体を温める食べ物を中心にしながら、色々な組み合わせで献立を決めましょう。

何を食べたらいいのかよくわからなくなったときは赤・白・黒・オレンジ・緑など食べ物の色に注目し、いろいろな色の食べ物を食卓にのせるようにすれば難しいこと抜きでバランスが整います。

食事や飲み物に注意して冷えを解消しましょう^^