キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

舌に歯型がつく原因や改善するには?

calendar

reload

舌に歯型がつく原因や改善するには?

何気なく鏡で口の中を見てみたら、舌のフチにギザギザの歯形がついていてビックリしたことはありませんか?

歯型がついていても特に痛みもないならそのまま放っておく人も多いかと思いますが、どうしてこんなことが起こるのだろう?ととちょっと心配になってしまいますよね。

このページでは舌に歯型がつく原因やそれを改善する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

舌に歯型がつく原因は?

「舌圧痕」などと呼ばれている舌のフチにつくギザギザの歯型。
どうしてこんな跡がついてしまうのでしょうか?

■歯ぎしり

夜寝ている時に歯をかみしめたり歯ぎしりをしていると舌が歯に押しつけられてギザギザの歯型が付いてしまいます。

それと同時に頬の内側にも歯型がついているのが特徴です。

また歯ぎしりと似ていますが日中も上下の歯をかみしめる癖を持っている人は歯ぎしりの時と同じように舌に歯形がつきます。

■ストレス

強いストレスを感じている時は無意識のうちに歯を食いしばったり、夜寝ている時も緊張状態が取れず歯ぎしりしやすくなります。
その影響で下に歯形がついてしまうのです。
stress_woman

■むくみ

なかなか気が付きませんが足や顔がむくむように舌もむくんで大きくなると歯に押しつけられて歯形がつきます。

舌のむくみが起こるのはどんな時でしょうか?
・体が疲れている時
・風邪の時
・水分代謝が悪い時
・胃腸の冷え
・腎臓のトラブル
・甲状腺の異常

舌がむくんでいる時は舌をかみやすい、しゃべりにくい・足や顔もむくんでいるなどの症状があります。

■歯並び

下あごの発達が悪く口のなかのスペースが小さいと舌に歯形がつきやすいです。
歯の矯正で歯並びを治す事で改善します。
ha_kyousei

■舌が大きい

生まれつき舌が大きい、またはホルモンの異常などの影響で舌が大きくなっている場合も下に歯形がつきます

■低位舌(ていいぜつ)

舌の位置を意識したことがありますか?

通常口の中では舌が上顎にくっついている状態になっていますが、舌の筋肉が低下していると舌が下顎にさがり歯型が付きやすくなってしまいます。

これが癖づいてしまうと睡眠時無呼吸症候群やドライマウス・口呼吸・歯周病など歯型だけでは済まない症状が起きる可能性があります。

■急に太った

短期間で急激に太った場合は、舌も肥大化して歯型が付きやすくなります。

舌に歯型がつくのを改善するには?

原因がわかったところで今度は改善方法です。ひとつづつ見ていきましょう!

■ストレス解消

人間は強いストレスを感じると様々な病気を引き起こす元になりますから、好きなことをする、趣味やスポーツでストレスを発散するなどためない工夫をしましょう。

リラックスする音楽を聴いて気持ちを落ち着かせるのも効果がありますよ^^

■食いしばり防止

無意識のうちに食いしばっていたり上下の歯を合わせているだけでも舌には歯形がついてしまいますし、その結果肩コリや首の痛みなども起こります。

これを治すには「歯を合わせない」事を意識するのが一番良い方法です。

本当に何気なくやってしまうことなので慣れるまでは「歯を合わせない・食いしばらない」などと書いた紙を部屋の壁に貼っておくとよいと思います。

■歯ぎしり防止

歯ぎしりの一番の原因はストレスといわれていますので心の疲れをためないようにしましょう。
その他日常的な食いしばりや歯並びなども歯ぎしりを起こしやすくする原因となります。

寝返りの打ちやすい枕に変えたり、横向きで寝ないようにするなども歯ぎしりを減らすのに有効です。

歯ぎしりについて詳しくご紹介した記事もありますのでこちらも参考にしてくださいね。
   ↓↓↓
歯ぎしりの原因 大人の場合や治し方は?

■むくみ防止 

舌のむくみを改善するためには以下のことに気をつけましょう。
   ↓↓↓
・水分の摂りすぎに注意する
・しょっぱいものは控えめに
・温かい食べ物・飲み物にし胃腸を冷やさないようにする

主に食事の面で改善すれば、舌のむくみだけでなく体や顔のむくみも治ります。

■痩せましょう

急に太ったことで舌が大きくなった可能性があるなら何はともあれまずは痩せましょう。

食べ過ぎ飲み過ぎをやめ、元の体重に近づくまでは野菜や魚が主なおかずとした和食中心のヘルシーな食事を心がけてください。

■舌の位置を改善

低位舌は時間がかかりますが、色々な不調を引き起こす元になるので舌を動かし筋力をつけて改善しましょう。

意識したいのは舌の位置です。
舌の先端は上の前歯の後ろで、舌の中央広い部分は上顎に軽くついた状態が正常な位置です。

まずは舌と脳にこの位置を覚えこませるのがポイントです。
これがなかなか難しい!

ココからは低位舌を治すのに自分がやった方法を2つご紹介します。

<ガムを使ったトレーニング>

まずはガムを使った方法からご紹介しますね。
(1)ガムを左右両方の歯で噛んだら舌を使って丸めます。
(2)舌の真ん中にガムを乗せてそのまま上顎にギュッと1回押しつけます。
(3)舌を上顎に押しつけたままつばを飲み込みます。この時に貼りつけたガムが三角形になっていればOK。

間違った方法で覚えてしまうと意味がなくなってしまうのでコツがつかめない場合は歯医者さんで指導してもらうとより早くて正確に覚えられると思います。

<口の体操>

口呼吸にするための訓練で使われる「あいうべ体操」は声は出しても出さなくてもよいので場所を選ばずできるのがメリットです。
歯医者さんで教えてもらった方法で私も毎日やっています。

やり方はとっても簡単。
「あー」で大きな口
「いー」は口を横に大きく広げます。
「うー」は口を前につき出します。
「べー」で舌を下にのばします。

口をしっかり大きく動かくのがポイントです。

ガムよりもラクにできますのでいつでもどこでも気軽にやってみてください。
私はお風呂に入りながらやっています!

おわりに

舌に歯形がつく理由で「低位舌」をご紹介しましたが自分はまさにそれでした。

いつも自分の下に歯形がつくのが気になっていたのですがどうしてなのかがわからず長い間悩んでいてやっと見つけたのが低位舌だったんです。

これを治すのはかなり大変で半年以上舌の位置を変える訓練をしてようやくほぼ治りました。

低位舌を改善したら口呼吸もしなくなりましたし舌苔もなくなったりと良いこと尽くめ。

訓練している間は舌の位置を変えるだけなのにどうしてこんなに大変なのかと思うくらい、身についてしまったクセを治すのはかなりの忍耐が必要でした。

今も気をつけていないと舌が落ちてしまいますので治ったと言ってもまだまだ訓練中ですが、気になる歯形もほぼなくなりました!

もしも私と同じように舌の位置がおかしいと感じるなら大変ですがぜひやってみてくださいね。