キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

セーターの洗い方や干し方は?

calendar

最近気温もどんどん上がってきて、春もすぐそこって感じがしますよね。

そうなると秋冬の間お世話になったセーターは、そろそろ任務終了!です。

モコモコセーターはシーズン中の汚れを落として、また来年気持ちよく着るために洗濯して衣類の入れ替えをしましょう。

そこで気になるのはセーターの洗い方。

洗濯して縮んだらイヤだな~と思うと、セーターを洗うのってちょっとおっくうに感じたりしますよね。

やり方を間違えなければ、セータを洗ってミニサイズになっちゃった!なんてことはそれほど起こりません。
時間に余裕のある休日を選んで、セーターのお洗濯にトライしてみましょう。

スポンサーリンク

セーターの洗い方は?

お気に入りのセーターをキレイに洗濯しようとは思うものの、毛玉ができたり伸びたり縮んだりなどのダメージが起こったらどうしよう・・・となるとやっぱり心配でクリーニングに出しちゃったりしますよね。

自信がないならまずは失敗してもいいような古いセーターを選んで洗濯してみましょう!

ワタシがはじめてセーターを洗濯したときは「おとーさんのセーター洗ってあげるね!」といって実験しました(笑)

セーターの洗濯って難しくないので誰でもできますから大丈夫。
では詳しく見ていきましょう。

セーターの洗濯方法には洗濯機と手洗いがありますので、順番に見ていきましょう。

■セーターを洗濯機で洗う方法

(1)まずはニットを裏返して汚れやすい袖口や首回りが表に出るように、洗濯ネットの大きさに合わせてたたんでいれます。

セーターを裏返す事で摩擦を軽減できますので、毛玉ができにくくなるというメリットがあります。

洗濯ネットが大きいのにたたんだセーターが小さかったりすると、ネットの中でニットが動いてしまいますので大きさの合うものを使いましょう。
  ↓↓↓
  ↓↓↓
(2)いよいよ洗濯機にかけて洗っていきます。
セーターはお湯を使うと縮みやすくなるので水または30度以下の水で洗いましょう。
風呂の残り湯などは使わないでくださいね。

洗剤はおしゃれ着洗い用の中性洗剤(アクロンやエマールなど)を使います。

普通の洗剤だとウールには強すぎてごわごわになってしまいますので、おしゃれ着洗い用の洗剤を使ったほうがいい感じに仕上がります。

洗濯機のコースはおしゃれ着洗いやドライ・手洗い・ソフトなどの名前の付いた、優しく洗う弱水流のコースを選択して洗います。
  ↓↓↓
  ↓↓↓
(3)脱水まで終わったらセーターを干します。

セーターはハンガーなどにかけて干してしまうと重みで伸びやすくなりますので、平らに干すのがおすすめです。

セーターの元の形に近い状態にしてから干せば、伸びることもなく洗う前と同じように仕上がります。

干す場所がない場合はお風呂のふたの上にバスタオルを敷き、その上にカタチを整えたセーターを乗せて乾かしましょう。

平らに干せるニット用のネットなどもありますので、1つ用意しておくと便利です。

■セーターを手洗いする方法

今度は手洗いする方法について見ていきましょう。
セーターは洗濯機でも洗えますが、手洗いのほうがより優しく洗う事ができます。

お気に入りの大事なセーターなら丁寧に手洗いするのがおすすめです。

(1)セーターが余裕で入るようなバケツや大きな洗面器を用意したら、30度くらいの水と洗剤を入れて溶かしておきます。

洗剤は洗濯機の時と同じで、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使ってくださいね。
  ↓↓↓
  ↓↓↓
(2)先ほどと同じようにニットを裏返してたたんだら、洗剤液に浸します。
ニットの網目に洗剤液を通すようなイメージで、優しく押し洗いしてください。
  ↓↓↓
  ↓↓↓
(3)洗い終わったら洗剤液を捨てて水ですすぎます。

バケツに水または30度くらいの水をためて押し洗いします。

洗剤がなくなるくらいまで4~5回程度洗い水を入れ替えてすすいでください。

柔軟剤を入れるなら、すすぎ終わったタイミングで使いましょう。
  ↓↓↓
  ↓↓↓
(4)セーターを軽く押して水分を切ったら、バスタオルに包んで水気を吸い取ります。
やりにくければ洗濯ネットに入れて洗濯機の脱水で30秒~1分回してもOK。
  ↓↓↓
  ↓↓↓
(5)干し方は洗濯機の時と同じで、平ら干しして乾かします。

以上でセーターの洗濯は終わり。
難しそうに思われがちですが、やってみると意外と簡単。

最初はどーでもいいセーターを選んで試しでやってみるといいです。
クリーニングに出すよりも自宅で丁寧に洗った方がいい感じに仕上がります^^