キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

中途覚醒の原因や治し方 朝までゆっくり眠るには?

calendar

眠ったと思ったらあっという間に目が覚めてしまう中途覚醒。

目覚まし時計を見て「まだこんな時間なのに・・・!?」という状態がずっと続いているとするとかなり辛いです。

起きたときにすでに体がだるかったり、疲れが取れないなど色々な不具合も起きてきますので早く不快症状を何とかしたいものですよね。

このページでは中途覚醒の原因をはじめ、朝までしっかりと眠るためにはどうしたらいいのか?その治し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

中途覚醒とは?

自分の今の症状はホントに中途覚醒なのか?というのも気になりますよね。

たまたま何らかの原因で目が覚めてしまうだけかもしれませんし・・・

中途覚醒とはどんなものか?

すぐに眠れはするものの3~4時間もすると目が覚めてしまい、そのあともウツウツとしながら寝たり起きたりするという状態です。

起きてもまた睡眠が再開できればいいですが、ずっと起きたままになってしまうことも多いので辛いですよね。

1週間で3日以上夜中に目が覚める状態なら、中途覚醒だとされています。

目が覚める時間は睡眠リズムが関係しています。

レム睡眠・ノンレム睡眠は90分で切り変わります。

深い眠りから浅い眠りに移行したところで目が覚めることが多いので、3~4時間程度で目がパチッとあいてしまうんですね

中途覚醒の原因は?

なぜ中途覚醒が起こるのか?その原因を5つご紹介します。

■ストレスや緊張

ストレスや緊張を強く感じる生活をしていると、自律神経が乱れて寝ている途中で目が覚めやすくなります。

睡眠時は通常ですと副交感神経が優位になり休息モードに切り替わるのですが、ストレスにより交感神経が優位のままで脳がリラックスしないので眠りの浅い睡眠リズムの時に目が覚めてしまう事があります。

■カフェイン

コーヒーを1日に何杯も飲むとカフェインの刺激によって中途覚醒が起きやすくなります。

カフェインの持続力は意外と長く8~10時間程度とされていますので、飲むなら早い時間の方が良いです。

量は1日1~2杯にとどめておくようにしてくださいね。
cafe_coffee

■お酒

眠りたい方という理由でお酒を飲んで眠ろうとする方も多いですが、これは逆に中途覚醒を起こしやすくする元なんです。

お酒を飲むと体はアルコールを分解しようと一生懸命働くのですが、同時に交感神経を活発にする作用があるので眠りが浅くなり目が覚めやすいのです。

■加齢

睡眠の深さは歳を取るごとに浅くなり高齢者ほど顕著に現れます。

40代以降からその傾向は始まる場合も多く、深い眠りは少なくなる上に目が覚めやすくなりまうので睡眠に悩む方も増えてきます。

成長ホルモンが分泌される若い方は眠りも深くなりますが、高齢になると成長ホルモンが分泌されないので眠りも浅くなってしまうのです。

■ホルモンバランスの乱れ

更年期や月一のブルーデーなどの影響でエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減ってしまうと、睡眠と関わりの深い「セロトニン」の分泌も減少してしまうので眠りにも影響をもたらします。

中途覚醒の治し方は?

どうしたら中途覚醒を治すことができるのでしょうか?

■自律神経を整える

まずは自律神経飲乱れをなくすことで、中途覚醒の起こる可能性をかなり低くさせることが出来ます。

ストレスや緊張をため込まないよう適気分転換をしたり、週3日程度15~20分の早歩きウォーキング・湯船にゆっくり浸かるなどの方法で自律神経をととのえることができます。

■食事で足りないものを補う

眠りのために重要なのは必須アミノ酸のトリプトファンです。
後ほどご紹介しますが、セロトニンの材料となるものなので意識して食事に取り入れるようにしましょう。

トリプトファンの含有量が多い食品は、肉・乳製品・大豆・穀物などがあります。

おすすめ食材は牛レバーや鶏胸肉・かつお・まぐろ・パスタ・ゴマ・納豆・油揚げ・アーモンド・クルミ・チーズ・ヨーグルト・ほうれん草・大根などです。

どれもスーパーで売っているものなので手に入りやすいですね。

■朝日を浴びる

朝起きたらカーテンを開けてまずは太陽に当たりましょう。

太陽の光を浴びる事でセロトニンの分泌が促進されます。

セロトニンの材料となるのが、先ほどご紹介したトリプトファンです。

そもそもセロトニンを作るためにはトリプトファンがなければ作られないので、食事からしっかりとり入れるようにしてください。

■強い光は避けて

パソコンやスマホからは強い光が出ていますので、長時間画面を見ていると脳に刺激が強く中途覚醒の元になります。

使用時間を短くするか、それがムリならブルーライトカットフィルムやサングラスなどで負担が軽くなるようにしましょう。

こちらのサングラスは、某有名メーカーのブルーライトカットめがねよりダントツでカット率がよいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3996円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)

■睡眠環境を整える

部屋の電気は消して寝ていますか?

真っ暗はコワイからとスタンドを付けっぱなしで寝る方も多いですが、これは中途覚醒の元なんです。

人間の体はちょっとでも明るさを察知すると、メラトニンの分泌が少なくなってしまいますので必ず電気はすべて消してください。

また、寝具も体に合ったものを使うようにするのが大事。
枕はもちろん掛け敷き布団などは使いやすく負担のないものを選びましょう。

おわりに

実はワタシも2年前からずーーーっと中途覚醒が続いています。

10時に寝て起きるのはだいたい夜中1時。
これならまだいい方で、ひどいときは30分寝てすぐに目が覚めてしまったときもあります。

ワタシの場合、原因はパソコン・枕の不具合・加齢(笑)

でも2週間ほど前からブルーライトカットサングラスを使い出し、枕は今週購入予定です。
何か変化がありましたらまた追記したいと思います。