キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

ビニールプールの水は毎日入れ替える?消毒すれば使える?

calendar

子供はプールが大好き^^

暑い時期は毎日プールに連れて行ってあげたいけれど、忙しい毎日の中で時間をやりくりするのは結構大変なこと。

でも家庭用のビニールプールがあれば、自分の目の届く範囲内で手軽に遊ばせることができますよね。

これがあると夏はかなり楽しめる優れものです。

実際にやってみると、問題となるのはプールの水のこと。

ビニールプールは小さいようにみえても水をかなり使いますから、水道代が気になります。

ものすごい量の水を毎日捨てるのはもったいない!と、ビニールプールの水を入れ替えるのをためらってしまうかたも多いようですがこれってどうなんでしょうか?

このページでは気になるビニールプールに関する疑問を解決します!

スポンサーリンク

ビニールプールの水は毎日入れ替える?

子供が嬉しそうにプールで遊んでくれるのはいいんだけれど、やっぱりハンパなく水を使いますからね~・・・
家計を守る主婦としては水道代が心配で頭を悩ませてしまいます。

1回プールに入ったくらいなら、そんなに水は汚れていない気がしなくもない。

使った後の水はそのまま入れた状態でカバーを掛けておき、次のときにゴミをすくえば2~3回同じ水を使っても大丈夫なんじゃないの?と考えるかたも多いと思います。

先に結論から言ってしまいますが・・・水は毎日入れ替えた方がいいです!

水が汚れていないようにみえても実はかなり汚れています。

汗や皮脂はもちろんプールの出入りのときに土やゴミが一緒に入り込んでしまうし、プール内で子供がオシッコしちゃってるかもしれませんしね。

菌の繁殖したプールの水に浸かっていると、結膜炎を起こしやすくなったり様々な病気の元になったりもします。

水代をケチったばっかりに結局は健康にも悪影響が出てしまっては本末転倒です。

家庭で楽しむプールだからこそ、安心・清潔な水で遊ばせてあげてください。

ビニールプールの水 消毒すれば使える?

ビニールプールは小さいようにみえても思った以上に大量の水を使いますし、1回使用したら全部交換となると水道代もバカになりません。

汚れた水はダメっていうのはわかっているけれど、公共のプール施設のように薬剤を入れて消毒すれば何回か使えるのでは?なんてことも頭に浮かんだりしますよね。

最低でもプールの水を2回くらい使えば、何となくトクしたような気もしますし。

ビニールプールの水は消毒すれば数回使えますが、個人的には消毒した水はあまりおすすめできません

学校やプール施設では次亜塩素酸などを使って消毒をしていますが、家庭用プールでも同じように使用するのは危険な面もあるからです。

なぜかというと残留塩素の濃度調整が難しいので、水質管理の仕方もわからないシロウトが適当に消毒してもダメなんですね。

もしもその濃度が基準以上になってしまうと、子供の健康被害にもつながりますからとても危ないです。

何らかの理由でプールの水を消毒して何回か使いたいなら、使用方法がわかりやすい市販の消毒剤を使いましょう。
水と薬剤の量をしっかり守って使用すれば安心です。

プールの水を大量に使ってザブーーンと捨ててしまうのはもったいないかもしれませんが、水を長持ちさせて何度も使うよりはいつもきれいな水を使用して気持ちよく使い・捨てる方が良いです。

薬剤はどうしても!の時に使うようにしてくださいね。

水がもったいない気持ちが変えられないなら、小さめのプールに買い換えたり水の量を減らしてみてはどうでしょうか?

毎日プールをやっているならそれを2日に1回にして、毎日水を替えるという方法もあります。

子供はビニールプールで自分なりの遊びを考えたりして自由に遊びます。

例えば水が少なかったとしてもつまんなかった!とは思わないですし、逆にたっぷり水を入れたからといって楽しさが倍増するわけではないのです。

親が最低限すべきなのは安全な環境作り。
プールの水はきれいなものを用意してあげてくださいね。

いくら水道代がかかるといっても、プール施設に遊びに行くことを考えたら家庭のビニールプールならものすごく安く済みます。

入場料も交通費もかからないのですから、それを加味すれば水代は簡単にペイできます^^

おわりに

プールの水を取り替えるのって実は結構大変!
自分一人で後始末をするのは辛いですから、子供たちに後片付けまで手伝ってもらいましょう。

ビニールプールの内側をスポンジで洗ったりするくらいなら上手にやってくれるものです。

プールの水をザーーーっと捨てるのなんて迫力ありますから、それだけでも盛り上がるかもしれません^^
後片付けまで子供たちと楽しくやって終わらせましょう!