キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

爪が割れる原因や対処法は?栄養が足りないってホント?

calendar

reload

爪が割れる原因や対処法は?栄養が足りないってホント?

特に何かしたわけでもないのになぜか爪が割れてしまう・・・そんなお悩みを抱えている女性は多いですよね。

爪先が割れてざくざくした切り口になってしまうと、洋服を着るときや靴下・ストッキングをはくとき等も引っかかりますので気になります。

どうして爪は簡単に割れてしまうのでしょうか?

このページでは爪が割れる原因を探り、その対処法や割れた爪のケアの仕方をご紹介します。

スポンサーリンク

爪が割れる原因は?

前はそんなことなかったのに、最近は爪が割れる頻度が高まった!と感じることはありませんか?

ネイルも楽しみたいのにって時は爪が割れてしまうとおしゃれも楽しめませんよね。
そもそも、かたいはずの爪がどうして爪が割れてしまうのか?その主な原因を4つに分けてご紹介します。

■乾燥によるもの

秋から冬にかけて乾燥が激しい季節は爪も割れやすくなります。

また、水仕事が多いと手だけでなく爪も乾燥しやすいです。

爪は皮脂が分泌されるわけではないので、こまめに油分を補給していかないとあっという間に乾燥して割れてしまいます。

■洗剤によるもの

台所用洗剤はどこのオウチでも使っていると思いますが、最近は油汚れをしっかり落とすものや濃縮タイプが主流ですので爪への刺激も大きいです。
senzai_syokki

■栄養不足の可能性アリ

爪は堅いので軟骨みたいなもの?と思われているかもしれませんが、実は皮膚が角質化したものなので主成分はタンパク質です。

なので毎日の食事でタンパク質が不足していると爪が割れやすくなるんです。

特にダイエット中ですと肉魚卵などを一切食べず、バナナだけ~とかキャベツだけ等の極端なやり方でタンパク質が慢性的に不足してしまうこともあります。

■冷えによるもの

体の冷えによって血流が悪くなり、爪まで栄養が十分に届かなくなると割れやすくなります。

冷えは自律神経の乱れや筋肉量が少ないと起こりやすくなりますので何らかの対策が必要です。

爪が割れるときの対処法は?

爪が割れやすい原因がつかめたところで今度は対処法を見ていきましょう。

■食事バランスを整える

爪が割れるのと食事は深い関わりがあります。

人間は「食べたものでできている」と言われていますがまさにその通りで、爪を維持するために必要な栄養素が足りていなければ簡単に割れてしまうものです。
syokuji_woman
まずは爪を構成している主成分となるタンパク質を体にとりいれたうえで、その他の必要な栄養素もバランスよく組み合わせましょう。

タンパク質は納豆や豆腐・豆乳などの大豆製品・卵・魚・肉等に含まれています。
肉は脂身の少ない赤身やヘルシーな鶏肉がおすすめです。

その他意識してとりたい栄養素を3つご紹介します。

・ビタミンA・・・鶏・豚レバーや緑黄色野菜に多く含まれます
・ビタミンE・・・血行をよくする働きのあるビタミンEはアーモンドなどナッツ類に含まれています。
・鉄・・・ひじきや小松菜・レバーなどに含まれています。タンパク質と組み合わせると効率的に摂取することができます。

以上の栄養素をバランスよく食事に取り入れて献立を考えてみてくださいね。

■冷え性改善

冷えは爪が割れる原因の一つ。

冷えを改善して血流を促し爪が割れるのを防ぐためには、お風呂で温めたりマッサージするだけではだめ。
もっと根本的に変えていく必要があります。

冷え性は自律神経やホルモンバランスが乱れる事でも起こりますが、一番多いのは筋肉量の少なさによるものなんです。

筋肉は熱を生み出したり、筋肉がポンプのように血液を体全体に巡らせる役割をしますので筋肉の少ない女性は冷え性になりやすいのです。

適度な運動して筋肉をつけることで、爪も体も気になる不調がよくなる可能性を十分秘めています。

私のおすすめはウォーキングです。
毎日やっている暇がないなら通勤途中で階段を使ったり、1駅手前から歩くなどできることから始めてみてください。

■乾燥を防ぐ

爪を乾燥から守るためにすぐできるのは、ハンドクリームによる保護です。

手だけでなく爪までしっかり塗る事で油膜ができ爪が割れるのを防いでくれます。
水を使うとすぐにとれてしまうのでこまめにつけ直すようにしましょう。

また、手荒れの原因となる水仕事や台所用洗剤にも注意が必要です。
熱いお湯で洗い物をしない・台所用洗剤を使う量は最小限にとどめましょう。

食器洗いの際にはゴム手袋を使用すれば、洗剤の刺激からも守ることができますのでなるべく着用するようにしましょう。
souji_tebukuro
ゴム手袋を使うのは難しいという場合は、水仕事のあとはしっかり手を拭くことで乾燥を防ぐことができます。

半分濡れたような状態で適当に手を拭いていると手荒れの速度も速くなりますので、必ず乾いたふきんで水分を取ってください。

■爪やすりを使う

爪が乾燥して割れやすいときに爪切りを使うと負担が大きいです。

お風呂に入った後、つめが乾ききらないうちに爪やすりで少しずつ削っていくのが痛めないコツです。

おわりに

今年の冬は私自身もかなり爪が割れてしまい大変でした。
その原因として考えられるのは台所用洗剤です。

たまたま安売りしていたこともあり、油汚れをしっかり落とす系の濃縮タイプに洗剤を変えてみたんですね。

そしたらだんだん手荒れがひどくなってきて、気がついたときには爪までボロボロになっていました。

洗剤が強すぎて手も爪もやられてしまったのだと思います。

その後はすぐに洗剤を買い換えたのですが、汚れ落ちばかり重視していると危険だなあと思いました。

水仕事をしているときは必ずゴム手袋はをしていれば問題なかったのでしょうが、忙しいとついつい外してしまったりしていたのでそれがいけなかったですね。

爪が割れてしまうと元に戻すまでにかなり時間がかかります。
ちょっとのことであっという間に爪に影響しますので、手と爪は大事にしてくださいね^^