キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

引っ越し挨拶の品物は何がいい?のしは必要?

calendar

引っ越しするとなったらあれこれ準備も大変!
でも忘れちゃいけないのが挨拶の品物です。

新しい場所で縁あって出会う人たちですから、ご挨拶のために使う手土産を用意しておかないといけませんよね。

ちょっとした粗品でいいのはわかっているけど、いざ選ぶとなるとこれが意外と難しい・・・。

安っぽくない・高すぎない・誰でも使えるモノで・・・なんて考えるとどんなものを用意したらいいのか決めかねてしまいますね。

このページでは引っ越し挨拶の品物にまつわるお悩みを解決します。

スポンサーリンク

引っ越し挨拶の品物は何がいい?

忙しい中で準備しなければならない引っ越し挨拶の品物。

あれはどうだろう?・・・これはだめかな?とモノ選びでズルズル迷っている暇もないので焦ってしまいますね。

でもせっかくのご挨拶の手土産なので慎重に選びましょう!

どうせすぐに引っ越す予定だし・・・という場合を除いては、少なくとも年単位で住むことになるわけですからやはり侮れません。

ご挨拶に伺うと「どんな人だろう?」と相手に品定め?されるのはもちろん、どんな手土産を持って行くかによっても印象は違ってきます。

引っ越してきました!という挨拶ですので手土産がなく声がけだけでも悪くはないですが、わざわざインターホンを押して呼び出しこちらの名前を名乗ったところで「だから何?」みたいな感じになってしまいます。

そんな時にスッと手土産を渡せば対応も柔らかくなり「よろしくお願いします」の一言を引き出せるようになるんです。

人ってそんなものです(笑)

粗品なら何でもいいかというとそうでもなく、タダでもらったものでもその人にとっていらないモノはただの「ゴミ」です。

なので手土産として選ぶモノは誰もが使いそうな「消耗品」にしましょう!

引っ越しの手土産には使ってなくなる・食べてなくなる「消え物」が一番適しています。

お値段の相場は500円程度が目安です。

手土産によく使われる品物をざざっとご紹介しますと・・・
・お菓子(生ものでないもの)
・石鹸
・タオル
・洗濯洗剤や台所用洗剤
・アルミやラップ
・地域指定のゴミ袋

どれも消費すればなくなるモノなので、もらって迷惑になりにくいというのが消耗品を選ぶメリットです。

ただ人によっては洗剤類はお気に入りのモノがありますし、ハンドソープが主流なので石鹸はあまり使われなくなっていますよね。

お菓子は好き嫌いがあったりと好みも色々。

地域指定のゴミ袋は確実に使うものではあるけれど、何となく味気ない感じもしますよね。

う~ん・・・どうしたらいいの???

引っ越し挨拶の品物で個人的におすすめなのはタオル。
実際に引っ越してきた方から頂くことが多いのもダントツでタオルです(今住んでいるところは長いのでよく頂くのです)

タオルにするメリットもあります。

例えばご挨拶の件数が多い場合は、タオルなら持って歩くのに軽いので都合がいいです。
洗剤やラップを選んでしまうとかなりズシッと重いです。

もし引っ越しのご挨拶に行った時に不在だったとしても、タオルなら薄いので簡単なメッセージを付けてポストに入れるって事もできちゃいますので便利なんですよね。

ちょっと品質の良い今治タオルなどでしたら喜んでもらえると思います。

その他、引っ越しの品物でいいなと思ったモノがあります。
先日隣に引っ越してきた方に頂いた品物なんですが、なんとトイレットペーパー!

すごくかわいかったので検索して調べてみたらありました。

1つの単価も安いのにかわいいので「へえ~こんなモノがあるんだ!」とちょっとびっくり。

トイレットペーパーならどんな人でも必ず使いますし、好みといってもシングルかダブルかくらいのもの。

好き嫌いを考える間もなく、トイレットペーパーならあっという間になくなってしまうというのもいいですね。

トイレットペーパー2個でもある、程度大きさもあるので貧弱に見えないのもマル。

個人的にはこのトイレットペーパーはもらって嬉しいモノだなと感じました^^

引っ越し挨拶の品物 のしは必要?

挨拶の品物が決まったところで今度は外側です。

もし中身が気に入ったとしてもどんな形態で相手に渡すかも重要です。

「よろしくお願いします」の気持ちをこめてご挨拶するなら、キレイに包装された形態できちんとのしを付けた方がいいです。

のしはあまり詳しくないという場合は、品物を買うお店で「引っ越しの挨拶に使う」と伝えればきちんとやってくれますので大丈夫。

先ほどタオルをご紹介したショップですとギフト対応に慣れているので安心しておまかせできます。

引っ越し準備で忙しいときに自分で品物やのしを用意して表書きまでやるというのはとても大変なので、任せられるモノは専門の人にお願いしましょう。

もし何らかの理由で自分で全部用意したいという場合は、のしは白赤の蝶結び・水引のものを使います。

表書きの上部には「ご挨拶」、下部には品物の送り主である自分の名字を書けばOKです。

おわりに

引っ越しって色々な手続きがあって大変ですね!

若い人は引っ越しの挨拶をしないということも多いですが、やはりやっておくのとそうでないのとでは何かあったときに違います。

気持ちよく生活するためにも最低限自分の階の真下と両隣くらいはご挨拶しておきましょうね^^

特に真下は足音や水の流れる音、生活音などがそのまま伝わってしまいますので気をつけた方がいいです!