キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

曲げわっぱ弁当箱の臭いや黒ずみが気になる時の手入れは?

calendar

reload

曲げわっぱ弁当箱の臭いや黒ずみが気になる時の手入れは?

最近は毎日手作りのお弁当を作っている方も多いと思います。

男子もおいしそうなお弁当を持参することが当たり前になってきましたもんね^^

弁当箱も人によって色々ですが、どんなものを使うかによってお弁当の見た目や豪華さも全然違って見えるから不思議!

特に曲げわっぱの弁当箱を使うと、いつもと同じようなおかずなのに断然美味しそうに見えるという声もよく聞かれます。

でもそれと同時に曲げわっぱを使うとお手入れに関しては色々な問題もあります。

おかずのニオイやシミ黒ずみが付きやすいなど、せっかくの曲げわっぱは汚れやすいというデメリットもあるんですよね。

このページでは曲げわっぱのお弁当箱を使った時に起こる対処法やお手入れについてご紹介します。

スポンサーリンク

曲げわっぱ弁当箱の臭いが取れない時は?

食べた後のお弁当箱を洗おうとふたを開けたら変なニオイがする!しかもちゃんと洗っても取れない!なんてことがありますよね。

すえたような二オイや明らかにおかしい!っていう悪臭が出たりすると、いくら気に入っている曲げわっぱでも使うのをためらってしまいますよね。

たぶん原因は雑菌の仕業。
こんな時はいったいどうしたらいいのでしょうか?

■お湯で臭い取り

いったん曲げわっぱ弁当箱をいつも通りの方法で洗ったら、お弁当箱の中にお湯を口いっぱいに注ぎそのまま30分程度放置して熱殺菌し、その後乾燥させましょう。

1回でニオイが取れない時は2~3日同じように繰り返しやってみてください。

■お湯+酢

先ほどと同じように弁当箱にお湯を入れたらお酢も少々加えます。

そのまま30分おいてから軽くすすいでしっかり乾燥させてください。

■お茶でニオイ取り

お弁当箱の中に熱い緑茶を注ぎ入れて臭い消しをしましょう。

やり方はお湯の時と同じです。

お湯やお酢を入れる方法をやってみてまだだめな時にお茶で試してみましょう。

曲げわっぱ弁当箱に黒ずみが出た時は?

わっぱのお弁当を使っていると、どんなに丁寧にお手入れしていても黒ずみが出てきます。

わっぱ弁当内側の塗りものがとれてしまい水が入り込んで黒くなってしまうってこともありますし、無塗装の白木のわっぱ弁当箱も同じように黒ずみやすいです。

完全に乾燥させていなかったり、毎日使い続けているとやはり黒ずんでしまいます。。

理由は色々ですが曲げわっぱ弁当は一度黒ずんでしまうと落とすことはとても難しいのですが対処法は2つあります。

★塗り直してもらう

販売店によりますが、塗りのわっぱ弁当箱ならもう一度塗り直してもらうこともできます。

★サンドペーパーで削り落す

白木無塗装のものなら目の細かいサンドペーパーでこすり、黒ずみを多少薄くすることもできます。

完全にとるのは難しいですが黒ずみを少しでも落としたいなら自己責任ですが試してみるのも良いかと思います。

以上2つの方法を試しても買った時と同じようにはなりませんが、前よりも少しマシになれば・・・という程度に考えていた方がいいかもしれません。

きちんと洗ったり熱消毒・完全乾燥しつつ使っているお弁当箱なら黒ずんでいても体に害はありませんしいつもどおり使用できます。
なのでそれも曲げわっぱの個性と思って使うのも一つの方法です。

黒ずんでいても何とも思わない人もいれば、汚らしく見えるのはあり得ない!と感じる方もいますので黒ずんだ曲げわっぱを使い続けるか買い替えるかを判断してくださいね。

曲げわっぱ弁当箱の基本的なお手入れ方法は?

プラスチックのお弁当箱と違ってちょっと手入れを怠ったりすると、ダメージがでてしまうのは天然素材だから仕方がないこと。

それを少しでも遅らせ毎日気持ちよく使うには、どのようなお手入れを心がけたらよいのでしょうか?

■洗って乾かす

ものすごく基本的なことですが「洗って乾かす」が一番大事なことなのに一番見落としている部分でもあります。

黒ずみを増やさないようにするためにはこれを徹底するのが肝心♪

曲げわっぱの洗い方については無塗装なのか漆なのかウレタン塗装なのかによっても違ってきますので、各お弁当箱の製造メーカーが推奨する洗い方がよいと思います。

乾かす時は最初はお弁当箱を伏せて水切りをし、その後は上向きにして乾いたふきんの上に乗せて乾燥させます。

曲げわっぱのお弁当箱はやはり特別なのでお手入れもしっかりしないと!と考えがちですが、ちゃんと洗って乾かす事を徹底すれば意外ときれいで長持ちしてくれますので基本重視でいきましょう^^

■2個の弁当箱を交互に使う

わっぱのお弁当箱を1晩かけて乾かしても洗う時間が遅かったり、季節によっては朝までに乾ききらないってこともあります。

しっかり乾かすためにも、例えばわっぱを2つ用意して交互に使うもしくはプラスチックのお弁当箱と併用して交互に使うのはどうでしょうか?

この方法だと連続して使わない分、わっぱをきれいに洗って乾かすのに十分な時間をとることができるのでおすすめです。

おわりに

曲げわっぱのお弁当箱ってお値段も張るのでそれなりに長く使いたいと思うのは誰しも同じこと。

でも使っていくついに弁当箱の内側が黒くなってしまうのは仕方がないとはいえ、人前で使うのも躊躇してしまいますよね。

私はどちらかというと黒ずんだお弁当箱を使うのは苦手なタイプ。
なので、曲げわっぱのお弁当箱は黒くて嫌だなあと感じたらすぐに買い換えることにしています。

きちんとお手入れしていてもやはり黒ずみや汚れなどは避けられないのでモノはいつかダメになるもの・・・消耗品と割り切ってある程度使ったらお弁当箱としての役目は終わり。

お古の曲げわっぱは家でタッパーがわりに使って、それでもくたびれたら捨てています。

古いものはそれなりに使い道を見つけて新たな使い方をすれば無駄ではないし、いつまでも真っ黒な曲げわっぱを使わなくてもよいので適度に交換していくというのも個人的にはおすすめです。

曲げわっぱでも色々なタイプがありますので、汚れが付きにくいものや手入れの楽なものを選ぶのも一つの手ですね^^