キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

あせもの原因対策 大人の場合の治し方や予防法は?

calendar

reload

あせもの原因対策 大人の場合の治し方や予防法は?

夏になると体のあちこちがかゆくなる・・・もしかしてあせも?とびっくりするかもしれません。

あせもは赤ちゃんがなるものってイメージがありますから、大人の自分があせもになったりするとまさか?!って感じになりますよね。

あせもは掻いてしまうとどんどん悪化してしまうので、気をつけないといつまでたっても治らないって事になりかねません。

かゆみを抑え湿疹を沈静化させるにはどうしたらよいのでしょうか?

スポンサーリンク

あせもの原因は?

年々上がっていく夏の最高気温。

エアコンが苦手だったりエコ意識から扇風機で夏を過ごすかたも増えていますが、それに伴い大人のあせもも増加しています。

あせもは何が原因で出来てしまうのか?
人間は体温が上がると汗をかいて温度を下げようとします。

その汗の成分は全部水分ではなく老廃物や塩分を含んでいるので、汗をかいたままにしておくと汗線が詰まってしまい炎症を起こすのです。

これがあせもができる主な原因です。

あせも対策 大人の場合の治し方

かゆくてイライラするあせも。
掻いちゃいけない・・・でもかゆい!の繰り返しで、ガマンするのも辛いです。

どうしたらかゆみを消してブツブツのない元通りの肌にすることができるのでしょうか?

■清潔を保つ

汗をかいたら拭く!を徹底して皮膚の清潔を保つのが重要です。

乾いたタオルよりも濡らしたハンカチのほうが刺激が少ないです(タオルはざらざらした肌触りなので、ガーゼハンカチなど肌辺りの優しいものがおすすめです)

汗を拭くときは肌をこするのではなく、ポンポンと叩くようにしてあせもを刺激しないようにしてください。

■シャワーを活用

汗をかいたなと思ったらシャワーを浴びれば、肌もさらさらになりかゆみの原因を減らすことができます。

シャワーのお湯はて刺激が少ないようぬるめにしておきましょう。

■かかない

あせもがかゆくなってくると「ちょっとだけ・・・!!」と掻いてしまったり、つめを立てたりしちゃうかもしれません。

辛いけどこれをやってしまうとずっと治らないどころか、どんどん悪化して自力で治せないレベルになってしまったり掻いた跡がシミになってしまったりって事もあるのでぜ~ったいにかかないでください。

あせもがかゆいときは冷たい水でタオルを濡らして、あせもにそっとあてるとおさまりますので試してみましょう

日中はあせものかゆみがあっても自分の意思で何とかガマンできますが、睡眠中は無意識のうちにあせもをかいたりしますよね。

そんな心配があるときは両手に靴下をはめておくと安全です。

それでも掻いてしまったりするけれど爪でガリガリやるよりは、靴下をはめた手のほうがまだ刺激は少ないと思います。

もちろん爪は短く切って、やすりで丸くしておくとよいです。

■ゴシゴシタオルに注意

あせもの時のお風呂は気持ちがいいですが、体を洗うときにナイロンタオルでゴシゴシこするのはダメ。

あせもがかゆいときはこすってかゆみを止めたい!と思うかもしれませんが、これは刺激がとても強いですので控えましょう。

洗顔用の泡立てネットで石鹸をふわふわに泡立てて体全体を優しくなでるように洗うのが一番良い方法です。

あせもがじゅくじゅくしているときは、石鹸なしでお湯で洗い流すだけでもOKです。

■こまめに着替える

外出の際汗をかいてそのままにしておくとあせもがかゆくなったり悪化したりしますので、インナーを1枚持ち歩くようにすると安心。

下着1枚程度ならバッグの隅っこに入りますのでそれほどかさばりませんし、汗をかいたときに着替えるととっても気持ちいいです。

このときに濡れタオルで汗を拭いてから着替えるとより効果が高まります。

■薬やかゆみ止め

あせものかゆみがありどうしても掻いてしまう・・・というときは市販薬を試したり病院で診てもらいましょう。

たかがあせもと思って、ひどくなっても放置しているとびっくりするくらいひどくなってしまうこともあります。

市販薬で試してみてそれでもダメなら薬を処方してもらうのがよいです。

ウチでは毎年姉があせもになってしまうのですが、かゆみを止めるだけの塗り薬やステロイド系の強いものはいやがるので桃の葉ローションを使わせています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:896円(税込、送料別) (2017/7/19時点)

塗るとひとまずかゆみが治まり徐々に改善していくという感じなので、使っていても安心感があります。
ものすごいかゆみで今すぐなんとかして!という場合はムリですが、強い薬などを使わずに症状を軽くしていきたい時にはおすすめです。

あせもの予防法は?

あせもにならないようにする、もしくはこれ以上悪化させないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

■快適な環境を作る

あせもを作らないためには、汗をかかないようにするのが一番です。

エアコンは苦手な場合も汗をかかないギリギリの温度設定にして汗を防いだり、扇風機を活用してみましょう。

■体の熱を下げる

冷やしたタオルや保冷剤、首に巻く冷却タオルなどを使い体の熱を下げて汗をかかないように工夫してみてください。

アイスノンなどで脇の下や足の付け根・首の後ろなど太い血管があるところを冷やすと、体がスーッとして汗が止まります。

■機能性の高い衣類

速乾性のある素材を使った衣類や下着を着用すると、汗が肌に張り付かず快適です。

汗を吸収しやすく乾きやすい素材を選ぶのも大切です。

■こまめに洗濯

汗をかいた衣類はこまめに洗濯して繰り返し使わないようにしましょう。

例えば帽子は汗をかいてもそのまま乾かして使ってしまったりしませんか?

シーツや枕カバーなどは汗をかいても毎日そのまま使っていますよね。

Tシャツなども洗い替えがないとそのまま乾かして使ったりってことがあるかもしれません。

夏は1度使った衣類はすべて洗濯するようにし清潔に保ちましょう。

■刺激物に注意

夏は辛いものが食べたくなりますが、スパイス系の刺激物やアルコールなどは血行を促してしまうためあせものかゆみが増してしまうことがあります。

あせもがひどいときは控えめにしておいたほうがよさそうです。
おわりに

あせもを治すためには、掻かないこと・汗をかきにくい環境を作る事・清潔を保つことでかなり改善することができます。

汗をかかないように制汗剤などを多用することも多いですが、体を冷やして汗を止めるのとスプレーして汗が出ないようにするのは全く違います。

かゆいとイライラしますから、まずはかゆみを止めて普段通りの生活を送れるようにしましょう^^