キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

二日酔いの頭痛解消法 早く治す5つのポイントとは?

calendar

つい飲み過ぎて・・・のあとはやっぱり起こるひどい頭痛。

二日酔いの頭痛って、ズキズキとどうしようもない痛みがなかなか治まらないものですよね。

頭痛を一刻も早く解消するにはどうしたらよいのでしょうか?

このページでは酒飲みならチェックしておきたい、二日酔いの頭痛解消法についてご紹介します。
痛みを緩和し早く治す5つのポイントを早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

二日酔いの頭痛解消法は?

頭痛がひどすぎて動けない!助けて~・・・そんな時はどうするか?

頭痛薬を飲むのもひとつの手ですが結局は痛みを一時的に紛らわすだけ。
できれば自分の体の快復力を利用しながら根本から治す方法がおすすめです。

元酒飲みだった私もやっていた方法も交えて、簡単にできる5つの解消法をご紹介します。

■水分をとる

アルコールには利尿作用がありますし、アルコールを体内で分解するためには水が必要なので体は脱水症状に近い状態になっています。
nodo_kawaku_dassui_woman
飲んだ翌朝は喉がカラカラになっていることが多いですよね。

それを解消するためには水を飲みましょう。
このときのポイントは常温に使い水や白湯を飲むことです。

冷たい水のほうがおいしく感じるかもしれませんが、実はどんな温度の水を飲むかによって吸収されるスピードが違うんです。

例えば氷入りの冷たい水を飲んだ場合は、その温度が体温程度に温まるまで胃の出口を閉めてしまうので吸収が遅く1時間近くかかるとされています。

冷たい水を飲んだときってお腹がガボガボするのはそういうことなんですね~

それに対し体温くらいの白湯なら10分程度で体に素早く吸収しますので脱水症状を解消するスピードも速まります。

・・・というわけで、ついつい飲みたくなる冷たい水は我慢して温めたものを飲んでくださいね。
水分摂取はこれで終わりません。

水を飲んでいったん落ち着いたら今度は別の飲み物も試してみましょう。

脱水症状を緩和するために水を飲むのは重要なのですが、水をたくさん飲むと体の中ではナトリウムイオン濃度を一定に保とうとするため今度は水分を出そうとしてしまうんです。

そうなると大量に水を飲んでも意味がなくなってしまいます。

それを解消してくれるのが塩分。
塩分の入った飲み物なら体の水分保持にもぴったりです。

例えば味噌汁。
シジミの味噌汁なら肝臓の働きを助けつつ水分補給もしてくれますね。
shijimi
あとおすすめなのはお茶+梅干しです。
緑茶よりほうじ茶のほうがカフェインが少ないもののほうがおすすめです。

スポーツドリンクも体内への吸収に優れていますが、砂糖が大量に入っていますのでほどほどにしておきましょう。

ちなみに私が二日酔いの時はまず温かい水を1杯→お茶+梅干し→味噌汁の順番で飲んでいました^^
飲み進めるごとに頭もだんだんスッキリしてきます。

■首を冷やす

お酒を飲むと血管が拡張されその周辺の神経を刺激することで頭痛になります。

少しのお酒なら血流を良くしてくれるだけで終わるのですが、それ以上に飲み過ぎると血管拡張までいってしまうのですね。

そんな時は首を冷やして血管を収縮させると痛みが和らぎます。
二日酔いの頭痛だとおでこを冷やしがちですが、首筋を冷やした方が早いです。

血管を収縮させるという意味ではコーヒーのカフェインも有効です。

ただコーヒーには利尿作用がありますので、脱水症状が回復しているときに飲むようにしましょう。
せっかく水分補給したのにまた出してしまったのではちょっともったいないですしね。

どうしてもコーヒー!という場合は水と交互に飲んだ方が良いです。

■睡眠

頭痛がひどくて眠れなかったとしても、ひとまず横になって休んでいるだけでも痛みが和らぎます。
suimin_woman
窓からの光や騒音は頭痛を悪化させますので、暗くて静かな場所で横になってください。

睡眠を十分取ることによってアルコールの分解をより活発にしてくれますからゆっくり体を休めましょう。
寝て目が覚めた頃には頭痛が治っているかもしれません。

■蜂蜜

蜂蜜に含まれている果糖は、アルコールの分解を助けて頭痛を緩和する効果が期待できます。

そのままでは舐めにくいので、蜂蜜にショウガ粉末またはすり下ろしを加えお湯を入れた蜂蜜ジンジャーティーとして飲むのもおすすめです。

■ツボ押し

頭のてっぺんにある「百会ひゃくえ」は万能のツボ。
もむように押すと頭痛を緩和してくれます。

おわりに

飲んだあとに激しく後悔する二日酔いの頭痛。
ほどほどがいいのはわかっていても、毎回やってしまうんですよね~^^

飲んでいるときからその後のことを意識し、酒と一緒に水を飲んだり空腹で酒は飲まずおかずを食べるなどにも注意してラクに過ごせるよう工夫してください♪