キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

こんにゃくのあく抜きは必要?下ごしらえの方法は?

calendar

reload

こんにゃくのあく抜きは必要?下ごしらえの方法は?

お腹のお掃除にもぴったりの食材といえばこんにゃく。
カロリーも低いのでダイエットに活用している女性も多いかもしれませんね^^

こんにゃくを料理に使うときに疑問に思うのが、あく抜きについてです。

スーパーで売っているこんにゃくを見てみると、商品によっては「あく抜き不要」と書かれたものもありますので下処理をした方がいいのかどうなのか?と迷います。

このページではこんにゃくのあく抜きは必要なのか?もし必要ならどのように下処理したら良いのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

こんにゃくのあく抜きは必要?

そもそもあく抜きってしないといけないのかな?やらないとどうなるの?と思っている方も多いと思います。

結論から先に言ってしまうと、あく抜き不要と書かれていないならやった方がいいです(ワタシは不要と書かれていてもやっちゃいますが)

なぜかというと、こんにゃくがプリン!として食感も良くなるしおいしさの面でもメリットが大きいからです。
料理したときに味がしみやすくなりますしね。

袋から出したときにぷ~んと臭う独特なこんにゃく臭も、あく抜きすることで取れるんです。

こんにゃくに使われているイモのあくはもちろん、こんにゃくを固めるときに使う水酸化カルシウムがそのニオイの元になっています。

あく抜きをせずに使ってしまうと、独特の生臭いようなニオイはそのまま残りどう味付けしても料理に影響を与えてしまいます。

それに、下処理をせずに使ってしまうと一緒に調理した食材の色を変えたり食感を変えてしまうんです。

例えば肉と一緒にこんにゃくを煮ると肉が硬くなりますし、ゴボウと煮るとこんにゃくが緑色に変わってしまいます!
玉ねぎと一緒だと黄色になるし、里芋だとピンクに変色します。

こんにゃくのあく抜きはそれほど時間のかかることでもないので、ささっとやればすぐ終わります^^

こんにゃく料理をおいしく仕上がるためにも、ぜひめんどくさがらずあく抜きをしてみてくださいね。

・・・というわけで、こんにゃくはあく抜きした方がよりおいしくなる!というのがわかったところで気になるのはあく抜き不要のこんにゃくについて。

あく抜きが必要なこんにゃくとは何が違うのか?です。

そもそもあく抜き不要のこんにゃくは普通のものと作り方が違うんです。

粉末にしたコンニャクイモをアルコール洗浄であく抜きしたり、えぐみのない凝固剤を使って固めることであく抜き不要で使えるように作られているものなんですね。

どちらのこんにゃくであったとしても実際に料理に使ってみて思うのは、あく抜きした方が食感がよくこんにゃくがおいしくなるような気がするので個人的には種類に関係なくあく抜き推奨です^^

こんにゃくのあく抜き方法は?

こんにゃくはどのようにあく抜きをしたらよいのでしょうか?
順を追って見ていきましょう。

(1)塩もみする

こんにゃくを好みの形にカットしたらボールに入れ、塩小さじ1を加えて手でよくもみ込みそのまま5分放置して余分な水分と臭みを取り除きます。

こんにゃく1枚のまま塩をすり込むより、カットしてから塩もみした方がより臭みが取れやすいです。

(2)ゆでる

鍋にお湯を沸かしたところに、水でさっと洗い流したこんにゃくを入れて再沸騰してから2~3分煮ます。

その後すぐにざるにとってさましたら完了です。

簡単に言ってしまうと、カットしたこんにゃくを塩もみして茹でるだけってことです(笑)
思っているよりも簡単ですね♪

人によってはこんにゃくのあく抜きが洗うだけで終わりって事もあるし、塩もみなしで茹でるだけって場合もあります。

どんなこんにゃくを使うか?ニオイはどの程度なのかにもよりますが、先ほどご紹介した方法でやっておけば間違いないです♪

ただ、色々な料理本を見ているとあく抜きの仕方も色々なんですよね。

今日ご紹介しているあく抜き方法では沸騰水に入れてこんにゃくを茹でていますが、水から茹でるというものもあります。

水からとお湯から煮るのとでは食感が変わるとされていますが、実際に料理に使ってしまうとその違いは全くわかりません。
(ちなみに水から茹でた方がたくさん水分が抜けて歯ごたえが良くなると言われています)

茹でたこんにゃくをそのまま食べるのなら茹で方にこだわるのも一つの方法ですが、そうでないならやりやすいほうでよいと思います。

どんな工程でもきちんとした処理すれば、結果はそれほど違いませんから^^

おわりに

こんにゃくって実はあまり好きな食材ではないのですが、便秘対策として食べ始めてからはだんだん慣れてきて今ではおいしい♪と感じるようになりました。

最近は1週間~10日に1回ペースでこんにゃく料理を食べています。
もちろんお腹の調子もいいです^^

こんにゃくはお肌にもいいらしいので、これからも継続して食べたいと思います。