キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

冷奴は水切り必要?やり方や美味しい食べ方は?

calendar

夏の定番メニューといえば冷奴。

火を使わずに用意できる便利な1品ですから、真夏は毎日食卓にのぼっているかもしれませんね。

冷奴はパックから切って出すだけ!と思っていたけれど、もしかして水切りした方がいいのかな?なんて急にどっちだろー?と思ったりしませんか?

冷奴をおいしく食べるためには水切りした方がいいのでしょうか?

スポンサーリンク

冷奴は水切り必要?

豆腐を料理に使う場合は味が薄まったり崩れるのを防ぐために水切りをすることが多いですが、冷奴はどうしたらいいのでしょうか?

軽く水切りしましょう!

パックから出してそのままお皿に盛り付けたとしても、豆腐から水分がどんどん出てくるのでやはりそのままでは食べにくいです。

お醤油があっという間に薄まってしまいますしね。

冷奴はしっかり水切りしすぎるとパサパサすぎて美味しくないので、ある程度水分を残した軽めの水切り程度で大丈夫。

ほんの一手間で大豆のうまみも濃くなりますのでより美味しくなります^^

冷奴は水切りのやり方は?

冷奴の水切りは軽めでいいので、水切り方法も比較的簡単に済みます。
ここでは3つの方法をご紹介します。

■ざる

おすすめはざるによる水切り。
豆腐をざるの上に乗せてそのまま10~20分放置し、自然に水切りさせればOK。

■パックの切り込み

豆腐パックの上面は4辺ありますが、そのうちの2辺に切り込みを入れてお豆腐パックを立てかけけておくと自然に水を切ることができます。

■電子レンジ

購入した豆腐がちょっと水分が多めのものだったり、しっかり水切りして豆腐の味を楽しみたいという時は電子レンジで水切りしましょう。

豆腐をキッチンペーパー2枚程度で包み耐熱皿に乗せて電子レンジにかけます。

600Wなら1~2分程度を目安にし、お使いの電子レンジのワット数に応じて時間の増減をしてください。

キッチンペーパーをはがしてお皿にたまった水を捨てたら完了です。
冷奴なら電子レンジにかけただけでOKなので簡単ですね。

また、時間に余裕があるなら豆腐の水切り前に豆腐を水にしばらく浸けておきましょう。

豆腐をパックから出してさっと洗ったらボールに水と一緒に入れ30分くらい浸けておくと、パックの中の水の臭みや豆腐を固めるにがり成分が抜けて美味しくなります。

この後軽く水切りすれば美味しい冷奴のできあがり^^
ぜひやってみてくださいね。

冷奴の美味しい食べ方は?

冷たくて美味しい冷奴ですが、連続で食べているとだんだん飽きてきたりしますよね。

シンプルなだけにマンネリ化しやすいので、醤油+薬味の食べ方ばかりでは「また豆腐!」って言われてしまいます。

ここでは毎日飽きずに食べられる、簡単にできる冷奴の美味しい食べ方を見ていきます。

■ごま油+キムチ

シンプルな豆腐はごま油+キムチで一気に美味しくなります。

普通の冷奴だと箸休め的な位置づけになりますが、キムチをのせると「おかず」に変身します^^

■サバ缶+玉ねぎ

ざっくりと崩したサバ缶と玉ねぎスライスを豆腐にのっけてボリュームアップ。
サバ缶は味つきでも水煮でもOK。

水煮を使うならポン酢をかけるとおいしいです。

■カニかま+めんつゆ

ほぐしたカニかまにネギみじん切り・めんつゆ・ごま油・いりごま・醤油少々を加えて混ぜたものをお豆腐にオン。

カニかまのうまみとごま油が味のポイントです。

■ニラ醤油

5ミリくらいにカットしたニラに醤油・ごま油・豆板醤・いりごまを合わせて作っておいたニラ醤油を冷奴にかけるだけで絶品。

タレは数日保存できますので、あと1品!というときにも便利です。

■揚げ玉+薬味

いつもの薬味+豆腐の組み合わせに飽きたときは、揚げ玉(天かす)をプラスするとグッとコクが増します。

薬味もネギだけでなく、みょうがやしそをいつもより多めに使ってみてください。

■なめ茸

手間をかけずに1品!というときは、瓶詰めのなめ茸を冷奴にかけてみましょう。

エノキのしゃくしゃくとした食感がいいので、いつもの冷奴もより美味しく感じます。

おわりに

ここ数年ずーっと3個パックの充填豆腐を食べていたんですが、やっぱり普通の水に浮いてるタイプの豆腐?がいいかも・・・と思い買うようになりました。

充填豆腐は日持ちがするので便利だったんですが、イマイチ大豆感がなく豆腐を食べてる気がしなかったんですよね。

すぐ近くに昔ながらのお豆腐屋さんがあるのでそこに買いに行くようになったのですが、豆腐がみっしりと詰まっていてまさに豆腐という感じ。

豆腐はどれを食べてもそんなに味は変わらないかな~なんて思っていましたが、そうではない気がしました。

夏は冷奴をたくさん食べる時期なので、色々な豆腐を食べ比べてみるといいかもしれませんね^^