キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

ふきの下ごしらえの方法 アク抜きして美味しく食べるには?

calendar

ふきは独特の香りと苦味、そして歯触りの良さがやみつきになる大人にぴったりの春野菜ですよね^^

ふきは下ごしらえが必要なのでめんどくさいなあという方も多いかもしれませんが、実はやってみるとそんなに手間ではないんです。

出回り時期も短い春の味で食卓を華やかにしましょう!

このページではふきの下ごしらえの方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

ふきの下ごしらえの方法は?

レタスやきゅうりのように洗ってすぐには食べられないふきは下処理しないと食べられません。

よくわからないしめんどくさそーと考えてしまうと、スーパーでふきを見かけても買う気がなかなか起きないかもしれませんね。
shopping_shufu
季節限定の春野菜はやはり特別ですから、せっかくの季節の味を楽しまないともったいない!

やってみると思っているよりも意外と簡単にできますので、ふきの下ごしらえに挑戦してみましょう。^^

(1)板ずり

ふきをよく洗ったら葉っぱを切りおとし、茎を鍋に入るくらいの長さにカットします。
ゆで上がりを均一にするには、ふきを2等分くらいにカットしておくとやりやすいです。

次に、カットしたふきをまな板に平らに並べて塩を振りかけ、鉛筆をゴロゴロ転がすような感じでズリズリズリ・・・と「板ずり」しましょう。
salt
塩はふきの量によりますが、ひと束になっているのを買ってきたなら大さじ1位を目安に使いましょう。

このまま茹でるので多めでもそれほど気にしなくてもいいですし、ゆで上がったら水に浸けてアク抜きするので心配ありません。

「板ずり」するとゆで上がりがとてもきれいになりますので、忘れずにやってくださいね。

(2)ゆでる

鍋にお湯を沸かしたら先ほどの板ずりしたふきを塩付きのままドボンと入れます。
cooking07_wakasu
細いものなら2~3分、太い部分なら3~5分を目安に茹でましょう。
箸で持ち上げてみてしなるくらいになればOKです。

ゆで上がったら冷たい水に入れて荒熱を取り、再度水を変えてしっかり冷やしてください。

(3)皮をむく

ゆで上がったふきの皮を爪でめくると簡単に皮がむけます。

繊維に沿ってシューーっとやればOK。。

1本ずつやってもいいのですがめんどくさい時は、ふきの皮を一度にぐるりと爪ではがし一つにまとめて引っ張ると皮が一気に剥けます。

これが気持ちよく皮がむけるので結構おもしろいです^^

(4)水に浸ける

あっという間に最後の工程にきました。

先ほど皮をむいたふきは、深めのタッパーなどに入れて隠れるくらいに水を注ぎ入れ冷蔵庫で保存しましょう。
cooking_tappa
毎日水を換えれば3日くらいは保存できますが、時間がたつにつれて香りもどんどん薄れてしまいますのでなるべく早く食べるようにしましょう。

ふきの美味しい食べ方は?

下ごしらえも無事に完了したら何だかすべて終わったような気になりますが(笑)今度はどんな料理を作るか迷いますよね。

ふきの定番といえば煮物やきゃらぶきなど和風のものが思い浮かびますが、ちょっと洋風に食べるのもおいしいんです。

ウチではアレンジした食べ方の方が多いので、ここでは人気料理を3つご紹介します。

■ふきのベーコン炒め

適当な長さにカットしたふきをニンニクとベーコンで炒めるだけの1品。
ワインやビールにも合うのでおつまみにもおすすめです。

■ふきのちゃんぷるー

ゴーヤの代わりにふきを使ったちゃんぷるーは苦味もマイルドなのですごく食べやすいです。
ゴーヤよりも好きな味かも!
food_goya_champloo

■ふきの豚肉巻き

下処理したふきを豚肉でクルクル巻いてフライパンで焼きます。

全体に火が通ったら市販の焼き肉のたれを入れて味をなじませたら出来上がり。
さっぱり系が好きならポン酢を入れてジューっとからめてもOKです。

切り口もきれいなのでお弁当にもいいですし、ご飯がすすむ味なのでとても食べやすいです。

おわりに

実家にいた頃はふきってあんまり好きじゃなかったんですが、自分で料理するようになってそのおいしさがようやくわかってきました。

両親の田舎からは毎年ふきなど春野菜がどっさり送られてくるのですが、春の野菜ってクセがあるものばかりで食べにくかったので箸が進まない食べ物というイメージでした。
hatake
でも味覚もだんだん変わるものでいまでは早くふきがこないかなあ♪なんて思うようになったほど。

あのクセのある味わいはまさに大人の食べ物ですね~^^

今年は去年とは違う食べ方で楽しみたいと今からレシピを考案中です。