キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

鼻の毛穴 黒ずみの原因や除去方法は?

calendar

reload

鼻の毛穴 黒ずみの原因や除去方法は?

顔の真ん中にある鼻の頭が黒ずんでいるとすごく目だちますよね!

メイクしても完全には隠れませんので何となく垢ぬけない印象になってしまいます。

お手入れはしているつもりなのにどうしても汚れが取れない・・・何を試しても効果がないとお悩みならこれは何とかしたいものですね。

鼻の毛穴のブツブツ汚れはどうしたらスッキリ落とすことができるのでしょうか?

このページでは鼻の毛穴 黒ずみが起こってしまう原因を探り、自分に合った対処法を見つけてイチゴ鼻とサヨナラする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

鼻の毛穴 黒ずみの原因は?

見た目も不潔そうに感じてしまう鼻の黒ずみ。お手入れが行き届いていないと見られてしまいますのでなんとかきれいな状態に戻したいですね。

そもそもどうして毛穴が黒ずんでしまったのでしょうか?

■汚れの毛穴詰まり

鼻の黒ずんだ部分を触ってみてブツブツしているなら、メイクの汚れ残しや皮脂・古い角質などが毛穴に詰まったものが酸化して黒ずんでしまった状態です。

■脂性肌

お肌がオイリータイプの場合、過剰な皮脂が分泌するためバランスが取れず毛穴が詰まることによって汚れてしまいます。

■乾燥

肌が乾燥して弾力がなくなり毛穴が開いてしまうことで黒ずんで見えることがあります。

■毛穴の広がり

角栓がたまって毛穴が開いてしまうことによって影ができ黒く見えてしまうことがあります

■ターンオーバーの乱れ

脂っこい食べ物・睡眠不足など生活習慣によるものや、加齢などによって肌の新陳代謝が衰えると古い角質がなかなかはがれ落ちず角質が厚くなり酸化することで黒ずんでしまいます。

■メラニン色素

角栓汚れを根こそぎ取ろうとごしごしこすってしまったり、器具を使った角栓取りや鼻パックを頻繁にやっていませんか?

必要以上の刺激が加わるとそれを防御しようとメラニン色素が増えて色素沈着し黒ずんで見えます。

■毛が生えている

鼻には毛穴がいっぱいありますから、よ~く見ると埋もれたような産毛が生えています。
そのため黒ずんだ角栓のようにみえてしまうことがあります。

鼻の毛穴 黒ずみの除去方法は?

色々な原因で鼻の毛穴にできてしまった黒ずみをキレイにするにはどんなケアをしたらよいのでしょうか?

■蒸しタオル+洗顔

水で濡らして軽く絞ったタオルをレンジでチンして温めたものを顔に乗せて毛穴を開かせてから洗顔すれば汚れが落ちやすくなります。

タオルは熱すぎないよう適度に冷ましたものを使ってくださいね。

また、洗顔する時は泡立てネットを使ってきめ細かい泡を作り肌に触るか触らないかくらいの感覚で洗うとお肌を傷つけずに汚れを落とすことができます。

洗い残しがないようすすぎを十分にすることも忘れずに!

■蒸しタオル+オイル+洗顔

先ほどの方法にオイルをプラスした方法です。
蒸しタオルで毛穴を開いたらオリーブオイルを手にとり鼻に塗ります。
1分放置し汚れが浮いてきたところで小鼻を軽くマッサージしましょう。

毛穴の向きに合わせて下から上にクルクルとマッサージすれば汚れが取れやすいです。

ティッシュでオイルを拭き取ったらぬるま湯で洗顔します。
洗顔用のブラシなどは刺激が強いので使わないでくださいね。

■オイル+綿棒

蒸しタオルをして毛穴を開かせたら、綿棒にオイルをたっぷり浸して角栓の周りを優しくなでるようにクルクルしてみましょう。

綿棒を横に倒すようなイメージでやると肌をつっつかずにうまくできます。

この方法だとオイルで手がべたつくストレスがないです。

最後はたっぷりの泡で優しく洗顔しぬるま湯でしっかり洗い流してくださいね。

オリーブオイルや米ぬか油・椿油などは人間の皮脂にも近いと言われているので負担がなくおすすめです。

■酵素洗顔

鼻は皮脂量が多い上に毛穴の奥が深いため汚れが落としにくい場所なので、一度鼻の毛穴が黒ずんでしまうと毎日普通に洗顔しただけでは汚れは落としきれません。

角栓はたんぱく質と皮脂でできていますのでいくら洗顔を頑張っても落ちるのは皮脂だけでタンパク質汚れはそのまま残ってしまいます。

酵素入りの洗顔料を使ってタンパク質汚れを落とせば黒ずみも徐々にきれいになります。

■重曹洗顔

重曹には肌を柔らかくして毛穴の汚れをとる働きがあります。

いつも使っている洗顔料に重曹を少し入れて洗顔しましょう。
重曹は食品として使えるものを使用しましょう。

■蒸しタオル+重曹パック

重曹はパックに使うこともできます。

食用の重曹大さじ1にオリーブオイル大さじ半分を加えて混ぜたものを作っておき、蒸しタオルで鼻の毛穴を十分開いた後で塗り5分放置したら洗い流しましょう。

■クレンジングの見直し

メイク汚れを落とさないと毛穴はどんどん汚れていきますのでクレンジングはとっても大事。

メイクの度合いによってオイルクレンジングやジェル・ミルクタイプのものなどを選択しましょう。
薄づきメイクならジェル・ミルクタイプでもいいですし、ばっちりメイクならオイル系の方がきれいに落ちます。

お肌には優しいのに汚れはしっかり落とすものを選んでくださいね。

■保湿

鼻の黒ずみをなくしてキレイな状態を保つには保湿と引き締めが欠かせません。

洗顔や蒸しタオルなどで毛穴の汚れをしっかり落としたら肌が乾燥しないように保湿しましょう。

私が実際に試した中ではビタミンC誘導体配合入りの化粧水やセラミド配合のジェルや美容液がとても良かったです。

ビタミンC誘導体は新陳代謝を促して角質の酸化を防いでくれる働きがあります。
セラミドは毛穴を引き締めて目立たなくするほかお肌のハリもよくする働きがありますので気になるしわにもよいです。

汚れた毛穴をしっかり洗浄した後にどんなケアをするかで毛穴の状態にもどんどん違いが出てきますので、ぬかりなくお手入れしましょう。

■毛の処理

鼻にうぶげが生えているならシェーバーやかみそりで処理しましょう。
毛穴パックをして毛を抜こうとしてもうまくいきませんのでやらないでくださいね。

凹凸があるので剃るのは鼻を切りそうで怖い!という場合はこんにゃくスポンジなどを使って産毛を少しずつからめとっていく方法だと安全ですのでおすすめです。

■美白ケア

色素沈着なら美白美容液などホワイトニング効果のあるものを塗りこみましょう。

メラニン色素による黒ずみはシミのようなものですので消えるまでには多少時間がかかりますから毎日ケアを続けてください。

それと同時に紫外線を防ぐのはもちろん、余計な刺激や負担をかけないようにするのも大事です。

おわりに

鼻の毛穴の黒ずみが取れない!という人に話を聞いてみると、意外と途中でフェードアウトしてることが多いです。
1~2週間やって特に変化が見られないとこの方法ではダメ!とやめてしまうんですよね。

薬品や特殊な機械を使ってやる方法でないかぎり鼻の黒ずみはそんなに劇的に取れませんからある程度期間は必要なんです。

お肌のターンオーバーを何度も繰り返し古い角質が取れていくので、毎日お手入れしていくうちに気がついたらきれいになってるかも?!というくらい忘れた頃に鼻の黒ずみに変化が起こるくらいの感覚です。

なので自分の鼻の状態に合った方法で焦らずケアしていくことが一番です。きれいな鼻を目指してがんばりましょう~