キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

エアコンが冷えない原因は?室外機や掃除に問題あり?

calendar

真夏は1日中回しっぱなしの家庭も多いエアコン。

最近夏の暑さは尋常じゃないですから、部屋の中にいても熱中症になってしまうほど。

そんな暑い日に限ってエアコンが冷えないなあ~と感じるものです。

このページでは、故障はしていないのにエアコンが冷えないのはどうしてなのか?その原因や対処方についてご紹介します。

スポンサーリンク

エアコン冷えない原因は?

暑い暑い!と急いで家に帰ってきてエアコンのスイッチをオン。

設定温度も低くしてガンガン冷やしているはずが、いつまでたっても涼しくならない!
一体どうしたの?故障しちゃったの~?なんて事よくありますよね

エアコンはまだ新しいから故障の可能性は低いという場合、一体何が原因なのでしょうか?

■室外機に直射日光が当たっている

室外機に直射日光がガンガン当たっていると冷えない原因になりますし、たとえ冷えていたとしても余計にパワーを使う分電気代も上がってしまいます。

わざわざ日陰に室外機を移動させるのは大変なので、すだれや室外機カバーなどを使って直射日光が当たらないように工夫してみましょう。

庭ならちょっと背が高めの植木を利用してもいいですしね。

ウチでは室外機の上にカバーを付け、すだれでさらに日よけをしています。
(室外機全体を囲ってしまうモノは見た目はいいのですが熱がこもりやすいので注意してください)

室外機を触ってみるとカバーを付けるのとそうでないとでは、かなり温度の差があります。

夏は英のまわりに打ち水をするついでに、室外機のまわりにもやっていますがいいような気がします^^

■室外機の周りがふさがっている

室外機を設置しているのはベランダや庭などの目立たない場所が多いもの。

そういうところは荷物置き場になっていたり、手入れが行き届かず雑草がボーボー生えていたりもします。

室外機の周りに自転車や物置・掃除用具など余計なものを置いたり、雑草が生い茂っていると空気が流れにくくなるのでエアコンの冷えにも影響します。

室外機の周りはいつもキレイにして整理整頓しておくか、室外機と距離を取って冷えに影響が出ないよう配慮しましょう。

■ホコリが詰まっている

エアコンのフィルターやファンにホコリいっぱいになっていると冷えにくくなります。

フィルターなら掃除機で吸えばすぐに取れます。

エアコン内部は慣れないと掃除しにくいので、まだ一度もクリーニングしたことがないなら業者に頼むのも一つの方法です。

一度キレイにしてもらえば、その後からは掃除しやすくなりますのでとてもラクですしね。

長い間エアコン内部を掃除しないままだとゴキブリが卵を産み付けたりって事もあるので、掃除せずに使い続けているのはコワイです!

ウチでも先日やったのですが、1台1万円でした。
真っ黒い水が出て中がぴかぴかになったのでやっぱり頼んでよかったです。

■リモコンの不具合

ものすごくバカバカしい理由なのですが、リモコンの動作が悪く動きが遅かったりすると設定を間違って押してしまうこともあります。

冷房のつもりが送風を押しているって事もあるかもしれませんので、再度確認してみてください。

反応が鈍い場合は電池を入れ替えるとリモコンが復活すると思います。

■部屋の広さや環境

今お使いのエアコンは何畳用ですか?
そもそもエアコンの冷やす能力と部屋の広さが合っていないと、十分に冷やすことが出来ません。

エアコンと部屋の広さはクリアしているとしたら、窓から入る直射日光が部屋の温度を上げてしまいどんなにエアコンをつけてもなかなか涼しくなりません。

ベランダにすだれをかけたり、遮光カーテンを使うなど部屋の中に日光が入り込まないようにすれば冷房効果がグンと上がります。

■部屋の空気を循環させる

エアコンの冷たい空気は下にたまり暖かい空気は上にたまるので、風向きを下にしているとなかなか冷えないと感じることが多いです。

風向きは上にしておくと空気が循環して部屋全体に涼しくなります。

サーキュレーターや扇風機を使えばもっと効率よく部屋の温度を回すことができますので涼しくなるのも早いです。

エアコンと併用すれば電気代節約にもなるのでおすすめです。

おわりに

真夏の暑いときにエアコンが効かないと、大げさではなく命取りにもなります。

快適に過ごすためにも、エアコンはいつ使ってもいいようにメンテナンスをしておきましょう!

もちろん室内がよく冷えるよう日光対策を同時にやっておいてくださいね。
やはり遮光カーテンはかなりいいです!