キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

海水浴で貴重品はどうする?車に置くのは危ない?

time 2017/08/06

海水浴で貴重品はどうする?車に置くのは危ない?

夏は海水浴の季節!
開放感いっぱいの海で泳ぐのはいいですよね^^

でも海は楽しいことばかりではなく、気をつけないといけないこともたくさんあります。

例えば置き引き。
荷物を置いて海で泳いで帰ってきたら、「自分の荷物が丸ごと紛失!なんてこともあり得るわけです。

こんなことが起こってしまうとせっかくの海水浴も台無しになってしまいますよね。

海水浴で荷物番がいないときの貴重品管理はどうしたらよいのでしょうか?

sponsored link

海水浴で貴重品はどうする?

日本は安全だからモノを盗る人なんていないよね~なんて思っていたら大間違い。

海水浴場での盗難事故は年々増えていますので、きちんと管理しないと気がついたらなくなっていた!って事が起こりやすいです。

貴重品には現金やスマホ・車・家のかぎ・デジカメ・免許証などがありますが、特に現金やスマホはどうしても必要だという場合が多いですね。

貴重品の保管はどのように管理したら一番安全なのでしょうか?

■ロッカーに入れる

貴重品をビーチまで持って行ってどこかに隠したとしても、やっぱりどこか心配はつきまといます。

海水浴場のビーチまで持って行くかそれとも駅などに設置されているコインロッカーに入れていくかの2択なら、コインロッカーがおすすめです(海の家で預かってくれる場合もありますが)

ただコインロッカーには貴重品は入れないでくださいとの注意書きもありますし、かぎをかけていたとしても安全性が100%守られているわけではありません。

コインロッカーは安全だ!とは言い切れませんが、ビーチに持ち込むよりは安全性は高いのは確か。

個人的には今までコインロッカーに預けて紛失・盗難に遭ったことがないので信用度は比較的高い方だと思っています。

コインロッカーを借りるときは何カ所かあるなら、寂れた人通りのない場所や死角になるような位置にあるものより人通りや人の出入りが多いところにあるロッカーを使ったほうが安心です。

■現金は最小限

食事や飲み物を買ったりマリングッズのレンタルなど、現金はどうしても必要になることが多いです。

いつも使っているお財布ごと持って行くのではなく、必要最小限の額だけにとどめておきましょう。

現金が2000~3000円程度あれば飲み食いするには十分ですので、ビーチにたくさんの現金は持ち込まないようにしましょう。

盗難に遭ったとしても、少額で済めばまだ救われます。

■クレジットカードは持って行かない

海の家でクレジットカードを使えることはほぼないですから持っていてもしかたないですし、もしクレジットカードを盗まれてしまうとその後カードが利用できないようにカード会社に電話するなどの手間がかかります。

なのでどうしてもという理由がないかぎり、海水浴場にクレジットカードは持って行かないようにしましょう。

■防水バッグを活用

スマホや現金を入れておける完全防水のバッグを活用すれば、自分で貴重品管理ができます。

ウエストポーチタイプなら海で普通に泳ぐこともできます^^

お札が濡れそうで・・・とかスマホが心配なら、いったんジップロックに入れてからウエストポートに入れてもいいですし、お札ではなく500円玉に変えて持ち歩けば紙幣が濡れる心配もしないで済みます。

スマホサイズの首からかけるタイプも便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

防水ケース 送料無料 全機種対応 スマホケース iPhone7 iPhone7P…
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/8/6時点)

ケースに入れたまま写真や動画も撮れますし、ちょっとしたモノなら一緒に貴重品を入れることもできます。

■レジャーシートの下に

ワタシの友人がいつもやる方法なのですが、ビーチにレジャーシートを敷く際その下に貴重品を隠すという方法があります。

レジャーシートの上に荷物と一緒に貴重品を置いておくと、さりげなく持ち去られることもありますがレジャーシートの下だと荷物とシート両方をどけないと貴重品が取り出せないので防犯防止になる!のだそうです。

ワタシはやったことはありませんが、友人夫婦はいつもこの方法で貴重品管理をしているようです。

海水浴のときの貴重品 車に置くのは危ない?

貴重品なんだからかぎをかけている車の中に置いておけば大丈夫!というかたもまだまだ多いと思いますが、これはあまりおすすめできません。

海水浴客が貴重品を車に置いていくことくらい、車上荒らしは知っています。
あちらはプロですからね~

貴重品を車のどこか見えない場所に置いたとしても、やはり海水浴中も何となく気になりながら過ごすというのもキモチワルイものです。

ウチの父も車上荒らしに遭ったことがあるのですが、車の中に置いておいた荷物がそこら中に散乱していて大変なことになっていました。

結局現金と運転免許証はもっていかれたようでその後警察に手続きに行ったりと手間取りましたが、特に犯人を捕まえてくれるわけでもないのでただのやられ損です。

車上荒らしにやられないよう車内に貴重品は置かず防水バッグに入れて管理するか、コインロッカーに入れるのが一番良い方法だと思います。

おわりに

数年前バリ島に旅行に行った際、珍しくちょっとラグジュアリーなホテルに泊まったんです。
いつもはめちゃくちゃ安宿ばかりなんですがたまたまセールしてて。

前に安宿に泊まったときはビーチに荷物を置いておくと危ないとホテルの人にも言われていたんですが、ちょっといいホテルだとプライベートビーチになっているのである一定のエリアだけは外部から人が入ってこれなくなっているんですね。

2人で海に行ったので泳ぐためには貴重品を置いていくか荷物番がいないといけないから、ホテルのスタッフに貴重品は置きっ放しだと危ないよね?と聞いてみたら「ここに置いておけば大丈夫。誰も取る人はいない」って。

そうか、ちょっといいホテルだとモノを盗むような人が泊まっていないのか!とすごく驚きました。

周りを眺めてみてもビーチでのんびりとくつろぐ人ばかりで、目をギラつかせている人はいなさそう・・・

大丈夫かなあと思いながらも一泳ぎして帰ってきたらホントに平気でした。

いいホテルに泊まると安心も一緒に手に入るんだなといういい体験が出来ました^^

sponsored link