キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

夏バテを防止する飲み物のおすすめは?甘酒がいいってホント?

time 2017/06/11

夏バテを防止する飲み物のおすすめは?甘酒がいいってホント?

夏は暑くて体力を消耗しますから、ちょっと気を抜いているとあっという間に体調を崩してしまいがち。

だるくてやる気が起こらない・・・疲れるなどの症状が続くときは夏バテかもしれません。

夏バテと深い関わりがあるのが飲み物。

ちゃんと水分補給していたとしても、最近の尋常ではない暑さに簡単にやられてしまいますよね。

このページでは夏バテを防止するのに効果的な飲み物をご紹介します。

sponsored link

夏バテを防止する飲み物は?

夏は大量に汗をかきますので体の水分はあっという間に奪われてしまいます。

喉が渇いたなと感じたときにはすでに体の中では脱水が始まってしますので、とにかく水分補給はこまめにするのが重要。

喉が渇いているけれどあとで・・・なんて思っていると、汗が止まり体温が急上昇する熱中症になってしまいますからガマンは禁物!

外出の際は常に水を持ち歩き、なくなりそうになったら自動販売機などで購入しいつでも水分補給が出来るよう準備しておきましょう。

普段の水分補給は水やお茶などが多いと思いますが、バテた!というときに飲むとよいドリンクをご紹介します。

■スポーツドリンク

スポーツ時や大量に汗を書いたときなどは、吸収のよいスポーツドリンクがおすすめです。
ただしスポーツドリンクは大量の砂糖を含んでいますのでほどほどにしておきましょう。

同じように吸収がよいものとしては経口補水液があります。

通常時のドリンクとして飲むものではありませんが、熱中症などいざというときのために買い置きしておくと安心です。

■甘酒

甘酒にはアミノ酸やブドウ糖・ビタミンB群や葉酸・パントテン酸などが含まれていて、まさに点滴のような成分構成だと言われている事から「飲む点滴」という呼び方もされていますよね。

甘酒には米麹で作ったものと、酒粕で作るものの2種があります。

簡単に作れるのは酒粕甘酒ですが、アルコールを含みますのでお酒の弱いかたは注意が必要です。

その点心配なく飲めるのは米麹による甘酒。

美肌効果も期待できると言われていますのでウチでも毎日飲んでいますが、体の調子がとてもいいです。

米麹を使った甘酒は自力で作るなると温度調節が難しく失敗してしまうことも多いですが、甘酒メーカーなら手軽に作り・飲むことができますのでとても便利です^^

■味噌汁

夏に味噌汁なんて暑くなりそうでイヤだなあ~なんて思うかもしれませんが、1日1杯の味噌汁がおすすめです。

大豆から作られている味噌はタンパク質も豊富ですし、汗をかいて不足した塩分を補うこともできます。

具だくさんの味噌汁にすれば一緒に野菜などを食べることもできますので、夏の間は欠かさず飲むようにしてくださいね。

■トマトジュース

トマトに含まれているリコピンやβカロテンには免疫力をアップさせたり、強い抗酸化作用によって紫外線によるトラブルや夏バテ予防にも効果があるとされています。

トマトジュースで水分補給と筋肉の疲労回復も期待できるとされていますので、体の疲れやすい夏にはぴったりですね。

トマトをそのまま食べるよりもジュースにした方がリコピンの吸収が良くなりますので、家庭用ジューサーで粉砕し作りたてを飲んでください。

その時にひとつまみ塩を入れるととてもおいしくなりますよ^^

■蜂蜜ドリンク

蜂蜜とりんご酢をプラスして水で割ったドリンクは、疲労回復や栄養補給にもぴったりのさわやかな飲み物です。

蜂蜜にはビタミン・ミネラル・アミノ酸や酵素など体に良い成分がたくさん含まれていますので、体が疲労している夏バテ時にもおすすめです。

蜂蜜は胃腸に負担なく吸収されエネルギーとなってくれますから、早く元気になりたいときに重宝します。

蜂蜜に程よい酸味のリンゴ酢を加えてさらなる疲労回復が期待できます。

作り方はとっても簡単。
蜂蜜1:リンゴ酢1~2の割合で加え、水やお湯・炭酸水で割って飲んでください。

お湯を加える場合は、蜂蜜の酵素が壊れてしまわないないようぬるいお湯にしてくださいね。
使う蜂蜜はもちろん本物の蜂蜜を使うのが鉄則です!

■ルイボスティー

家庭で飲む夏の飲み物といえば麦茶ですが、その代替品としておすすめなのがルイボスティーです。

ルイボスティーは南アフリカに生育する木の葉っぱを発酵、乾燥させて作ったもので不老長寿の飲み物として愛飲されています。

ルイボスティーはナトリウムのバランスが優れているため夏バテや熱中症にも効果的ですから、麦茶の代わりとして飲むとよいです。
アイスでもホットでもおいしいのでお好みでどうぞ♪

味にちょっとクセがありますが慣れれば大丈夫ですし、お値段もお手頃なので続けやすいです^^
去年からウチでは麦茶はやめて常備しておくお茶はルイボスティーにしています。

おわりに

夏はたくさん水を飲みますが、だんだんお腹がガボついてきませんか?

体は水を欲しているのにお腹のなかで水分がダブついていると、飲みたくても飲めませんよね。

そうならないために気をつけたいのは水の飲み方と温度です。

水を飲むときは冷たいものを一気に飲むのではなく、口に水分を含めるような感じでゆっくり飲むようにしましょう。

そして、氷入りの冷たいものより常温のもののほうがお腹に刺激が少ないのでおすすめです。

氷が入った冷たいものはおいしいですが、常温もしくは温かいものもうまくとりいれてみてくださいね^^

sponsored link