キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

胃腸風邪の症状や期間は?早く治すためには?

time 2017/11/14

胃腸風邪の症状や期間は?早く治すためには?

体の調子がどうもおかしいから薬もらおうかな~と病院に行ったら、胃腸風邪だと言われてびっくりってことありますよね。

風邪という名称は付いているものの、誰もが知っている普通の風邪とは全く別物です。

このページでは胃腸風邪の症状や期間をはじめ、早く治すために気をつけるべき事についてご紹介します。

sponsored link

胃腸風邪の症状は?

風邪と胃腸風邪ってどう違うの?って思っている方も多いと思いますが、この2つは症状が全く違います。

普通の風邪は熱やくしゃみ・鼻水・咳などが主な症状です。
それに対し胃腸風邪は腹痛や下痢・吐き気・おう吐・食欲不振など胃腸に症状が強く出ます。

胃腸風邪の期間は?

胃腸風邪の正式名称は「感染性胃腸炎」と呼ばれ、ウイルス性胃腸炎と細菌性胃腸炎の2つが原因となって起こります。

ウイルス性胃腸炎にはアデノウイルスやロタ・ノロなど、細菌性胃腸炎は腸炎ビブリオ・サルモネラ菌・カンピロバクターなどがあります。

どちらも菌に感染後、潜伏期間を経て発症します。

胃腸風邪になった場合はどれくらいの潜伏期間を経て何日くらいで回復に向かうのでしょうか?
詳しく見ていきましょう!

■ノロウイルス性胃腸炎

ノロウイルスといえば生牡蠣からの感染が多いです。

それはもうひどい下痢やおう吐・寒気などでのたうち回ることになります。

こちらは私も経験済みですが、体から毒が出ていくまでトイレと洗面所を独り占め状態で体力をかなり消耗します。

潜伏期間は1~2日。
1~2日で症状が治まります。

■アデノウイルス性胃腸炎

風邪ウイルスのひとつで、胃酸に強い特徴があるため胃や腸で動きが活発になり胃腸風邪が起こります。

潜伏期間は5~1週間程度。
2日~1週間くらいで症状が治まることが多いです。

■ロタウイルス性胃腸炎

子供がかかりやすい胃腸炎で白い下痢便が出たりします。

潜伏期間は1~3日くらい。
5日~1週間くらいで症状が治まることが多いです。

■カンピロバクター

生牛肉や犬猫などのペット・井戸水などが原因で起こる胃腸炎です。

潜伏期間は1~10日とやや長め。
5日~1週間程度で症状が治まることが多いです

■サルモネラ

生卵や卵の殻に付いている細菌が原因で起こることが多いサルモネラ。

潜伏期間は6時間~3日くらい。
4~5日で症状が治まることが多いです。

■腸炎ビブリオ

生の魚介類から感染するのが腸炎ビブリオ。

潜伏期間は4時間~2日程度。
2~3日で症状が治まることが多いです。

■ウェルシュ菌

カレーやシチューなどを常温でそのまま放置したときなどが主な感染になるウェルシュ菌。

潜伏期間は4時間~1日程度。
1日で症状が治まることが多いです。

カレーの保存は鍋のまま常温でもいい?最適な方法はコレ!

胃腸風邪を早く治すためには?

ツライ胃腸風邪から早く脱出するためにはどうしたらいいのでしょうか?

■毒を出す

胃腸風邪に効く薬はないので、とにかく体から毒を出すようにするのが一番の方法です。

ひどい下痢をしているからといって下痢止めを飲んでしまうと、体は外に追い出したい菌があっても出せなくなってしまいますので薬は飲まないでください。

■水分補給

下痢などの症状があるときは脱水状態になりやすいので、しっかり水分補給しましょう。
水または経口補水液・スポーツドリンクがおすすめです。

■ムリして食べない

食べないと治らないと思いムリして食事をしようとするかもしれませんが、食欲がないなら食べなくても大丈夫です。

食欲がないと言うことは体がまだ食べ物はいらないよというサインですから、体の声に従ってください。

もしも元気が出てきて食べたいなと感じるなら、おかゆと梅干しを小量もしくは軟らかく煮たうどんや野菜スープなどを飲んでくださいね。

お腹いっぱいには食べず、まずは少しお腹が満たされたな・・程度にしておきましょう。

■しっかり休む

体が本調子に戻るまではしっかり体を休めるのが一番の治療方法です。

免疫力をアップするために体を温め横になって寝てすごせば、回復までの時間もより早くなります。

■冷たいものは避ける

胃や体を冷やす食べ物・飲み物は刺激が強いので避けましょう。

体を冷やせば免疫力が落ちる元になります。
アイスクリームやコーヒーなどはやめておきましょう。

■キチンと手洗い

下痢の症状が出ているときは何度もトイレを往復しますが、その際は石鹸でしっかりと手洗いしタオルも自分専用にしましょう。

おわりに

胃腸炎になるとホントにツライですよね。

普段から食べ物や衛生面で注意するのはもちろん、体の免疫力を高めておくとちょっとした菌なら跳ね返すことができます。

そのためにはストレスをためない・しっかり睡眠・きちんと食事・ゆっくり休むなど、生活の基本を守って過ごすようにしましょう。

sponsored link