キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

髪の静電気が起こる原因や防止するには?

time 2016/11/20

髪の静電気が起こる原因や防止するには?

乾燥する季節は静電気が気になリますよね。

家の鍵を開ける時なんかも静電気が怖いし、スカートが足にまとわりついたり色々な不快症状はかなり邪魔くさいものです。

髪の毛もそう!
ドライヤーでスタイリングしているのに髪がペたーーっと静電気でくっついたり広がる・逆立つなどうまくまとまらないとイラッとしますがそれだけではないのです。

実は髪の静電気をそのままにしておくと抜け毛や薄毛などにつながるとも言われていますので、たかが静電気と思っているとあとで大変かもしれません。

静電気を起こさない髪の毛にするにはどうしたらいいのでしょうか?
その原因や静電気防止方法、スタイリングの時のコツなどをご紹介します。

sponsored link

髪の静電気が起こる原因は?

髪に静電気が起こる主な原因は乾燥や摩擦です。

髪をブラッシングしたりまとめ髪にするなどする際に乾燥した空気が髪に触れて水分が抜け電気が通りやすい状態になります。

髪の毛同士はいつも接触していますから摩擦も起きやすいうえに乾燥した空気が加わると静電気は避けられないのですね。

髪の毛自体も静電気が起こりやすいのですが静電気は狭い場所に集まる性質を持っていますので、洋服の脱ぎ着による摩擦でさらに静電気が髪の毛にたまりやすくなります。

また、髪が傷んで乾燥している状態ですとより静電気が起きやすいので日頃から髪のお手入れが重要です。

髪の静電気を防止するには?

イライラする髪の静電気を防止するにはどうしたら良いのでしょうか?

今すぐ静電気を防止する方法と普段からやっておくべき予防法をご紹介します。

■ハンドクリーム

秋冬の乾燥する時期ならハンドクリームを持ち歩いている女性は多いと思いますが静電気防止の時にも役立ちます。

ハンドクリームを少し手に取りよく伸ばしたら髪に薄く塗るだけで静電気が止まります。
髪が顔にくっついてどうしようもない!という時速攻で効き目ありですし、防止効果も長く続くので意外とおすすめです。

■髪を握る

静電気がそんなに強くなければ有効なのが髪を握って放電する方法です。

髪をぎゅーーーっと握るだけなのでどこでもできるし必要な道具もないのが良いところ。
やってみないと効果があるかどうかは人によって違うので何とも言えませんが、意外と使える方法です。

■水

水を髪に付けて濡らすと一時的に静電気が止まります。

乾くとまた静電気が始まってしまうので持続力はありませんが、ちょっとの間だけなら有効な方法です。

メイクの仕上げに使うウォータースプレーを持ち歩いているならそれを使ってもOKです。

ここまでは今すぐ速攻で静電気を取りたい!って時に試したい方法でしたが、この後は日ごろから気を付けておきたい静電気の対処法をご紹介します。

■部屋の湿度調整

冬は暖房をつけるため気がつかないうちにかなり部屋が乾燥していることが多いです。
そこで活用したいのは加湿器。
空気中に適度な水分があれば電気は放電され静電気も起こりにくくなります。

最近はインフルエンザや風邪対策にも加湿器を使うご家庭が増えましたのですでにお持ちかもしれませんね。

押入れからひっぱり出してすぐに使ってみてください。
理想的な湿度は60パーセント前後と言われていますので温度湿度計を用意してしっかりキープするようにしましょう。

加湿器がない場合は濡れたタオルやバスタオルなどをハンガーにかけて置いておけば同じ効果が得られますよ。

■枕と髪の摩擦を避ける

静電気は起きている間だけではありません!
寝ている時は寝がえりのために髪と枕がこすれあって静電気がたまってしまいます。

これを何とかするためには髪を結ぶもしくはナイトキャップをかぶって寝るのがおすすめです。

髪はゆったり三つ編みなどをすれば地肌が痛くなりにくいのでぎゅーっと結ばないようにしてくださいね。
ナイトキャップはかぶって寝ると髪が爆発せず朝のスタイリングもラクです。

■シャンプーや髪の洗い方の見直し

洗浄力の強いシャンプーを使ったり頭皮を強くこするように髪を洗ったりすると頭皮の皮脂をとりすぎたり髪のうるおいがなくパサパサになってしまいます。

市販のシャンプーは洗浄力が強いものが多いのでまずは髪や頭皮に優しいマイルドな洗い心地のものに切り替えてみましょう。
アミノ酸系やオイル系シャンプーはとてもいいと思います。

選ぶ際はシャンプー裏面の成分表記に「○○硫酸」などがないかを確かめてください。
これはとても強い洗浄成分なので髪や地肌を荒らしやすいため「○○硫酸」などが入っていない方が良いのです。

また、洗い方も重要です。

最初に髪を濡らす時や洗い流す際に熱いお湯を使っていたり、ごしごしこするように洗っていると頭皮も髪も乾燥します。

特に熱めのお湯は頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうため乾燥し頭皮トラブルの元になりますので必ずぬるま湯で洗いながるようにしてくださいね。

髪の乾燥や傷みは静電気を発生させやすくしますので、頭皮の皮脂を取りすぎるシャンプーをやめること、洗い方に気を付けて頭皮環境をまもることでも静電気の起こる要素を減らすことができます。

■トリートメントを使う

毎日シャンプー・リンスをすると思いますがたまにはスペシャルケアをして髪の痛みを修復させましょう。
それにはトリートメントがおすすめです。

トリートメントには大きく分けて2つのタイプがあり、リンスと同じように洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあります。

一般的にリンス(コンディショナー)の効果は髪の表面をツルツルにしてキューティクルの痛みを防いだりぱさつきにくくするものです。

それに対しトリートメントは髪の内部まで浸透し痛みを補修するなど髪の状態をととのえてくれる効果があります。

洗い流すタイプのトリートメントなら髪の痛みに合わせて週1回もしくは2回程度使用するだけで適度に髪の内部補修ができますし、洗い流さないタイプのトリートメントなら髪が傷んだなと思った時やスタイリングの時など状況に応じて手軽に使うことができます。

こうしてちょくちょく髪の手入れをすれば髪の乾燥も防げますので静電気防止にも役立ちます。

■オイルを使う

洗い流さないタイプのトリートメントと役割は似ていますが馬油や椿油などで静電気防止することもできます。

付けすぎるとべたっとして髪が不潔に見えてしまいますのでショートなら1滴、ロングでも2滴くらいを目安にして様子を見て増減しましょう。

オイルを手にとってよーくのばしたら毛先を中心に広げていきます。
髪の根元につけるとべったりしますので注意しましょう。

■ヘアミスト

オイルや洗い流さないトリートメントだとペたっとしてボリュームがなくなってしまう髪質ならヘアミストの方がおすすめです。

静電気防止の持続性は短いですがミスとなら軽いつけ心地なのでヘアスタイルに影響することなく不快な静電気をおさえてくれます。

■くし・ブラシの見直し

髪をとかす時に何を使っていますか?

プラスチックのブラシを使っているなら摩擦で静電気が起きやすくなってしまいますので、乾燥する季節は別のものを使ったほうが良いかもしれません。

おすすめは「ツゲの櫛」または「獣毛ブラシ」です。

ツゲの櫛はちょっとお値段は張りますが椿オイルや杏オイルなどをしみこませつつ使いこんでいったものなら髪をとかした時もつやが出てとても良いです。

普通の櫛に比べるとより多くの静電気をカットしてくれる効果が期待できます。

櫛は手入れが大変、高い・・・という場合は豚毛などでできた獣毛ブラシを試してみましょう。

櫛はとかすのが主流ですがブラシなら髪をまとめたり、スタイリングにも使えますので1本あると便利です。

ツゲの櫛などに比べると静電気が起きる確率は上がりますがプラスチックのブラシよりもはるかに静電気の量は減らすことができますし髪にも良いです。

■髪の乾かし方に注意

髪を洗った後のタオルドライやドライヤーで乾かす際も静電気を起こしにくくするポイントがあります。

★タオルドライ

洗った後の髪をバスタオルで地肌ごとごしごし拭いていませんか?

髪が濡れている時は一番デリケートな状態ですのでタオルで髪の毛同士をこすって摩擦を起こすのは髪にとって良いことではありませんし髪が絡まる元になります。

長い髪ならタオルで髪を挟んでポンポン軽くたたきながら水分を吸収させましょう。
髪が短いのならタオルで髪をおさえるようにして水分を吸い取ってもOKです。

★ドライヤー

後頭部が一番髪の量が多く乾きにくいためドライヤーで乾かす時は後頭部の髪の根元から始めましょう。

毛先は水分が少ないので放っておいても勝手に乾いていきますから、髪の根元に風を入れていくようなイメージでドライヤーを当てます。

一か所に熱風が当たらないようにドライヤーは左右に振りながら風を分散し髪を乾かしてください。

美容師さんがよくやっていますから次に美容室に行った時は観察してみるといいかもしれません♪

髪が大体乾いたら今度は冷風に切り替えて髪の上から風を当てていくとキューティクルが整いやすく髪の艶も出ます。

また、乾かし方も大事ですがドライヤーそのものにこだわるのもいかもしれません。

例えばマイナスイオンドライヤーを使うと髪に静電気が起こりにくいとされていますのでドライヤーをの買い替え時には機能性の高いドライヤーに変えてみるのも一つの手ですね。

マイナスイオンドライヤーは普通のものとそれほどお値段も変わりませんのでかなりお手軽です♪

編集後記

静電気はホント厄介ですよね。
先日美容院に行った時のこと、入店時に預けておいたバッグをお店のスタッフに手渡された時にバチバチっとものすごい静電気が起こってびっくりしました!

静電気は予測できないので怖いですね~。それにしてもすごいバチバチだったので驚きました~

sponsored link