キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

喉の痛みを早く治す5つの簡単ケア方法とは?

time 2017/03/31

喉の痛みを早く治す5つの簡単ケア方法とは?

喉が痛くてしゃべるのも辛い・・・こんな風邪の初期症状は、体の免疫力が下がったときに起きやすいです。

喉がイガイガしたり声が出にくくなる等の症状は、早めのケアでしっかり治したいもの。

喉にくっついて悪さをしているウイルスや細菌は、放っておくとどんどんひどくなって長引く元ですから注意しないといけません。

このページでは、喉の痛みが出たときにやっておきたいセルフケアを5つご紹介します。

sponsored link

喉の痛みを早く治すは?

喉が痛いなどの風邪の初期症状が出たときはすぐに薬を飲む方も多いかもしれませんが、実は自分で簡単なケアをするだけで症状を緩和することができるものです。

喉の痛みを治すポイントは喉の炎症をおさえてウイルスを殺菌することですから、自力で治すのはそんなに難しいことではないんです。

風邪薬は手っ取り早い方法ですが体の中の良い菌も悪い菌もやっつけてしまうというデメリットもありますので、自分の「治す力」を最大限に活用して喉の痛みをセルフケアで治してしまいましょう。
medicine_kaze
では早速、ウチでも実際にやっているおすすめの簡単ケア方法をご紹介しますね。

■首回りを温める

喉が痛くなったらすぐに首回りを温めてください。

マフラーやスカーフを巻いたり、ネックウォーマーやタオルでもいいので首にくるくる巻き付けて保温しましょう。(私は家にいるときは年中タオルを首に巻いています)

なぜこんなことをするのか?というと、首を保温することで喉だけでなく体全体を温め体の免疫力を上げてウィルスに対抗するためです。

風邪の症状が出始めたということは免疫力が下がっていますよ~の合図ですから、まずは保温して体の免疫力をサポートをして悪いものに対抗します。

そして喉を温めることで喉にくっついたウイルスや細菌の繁殖を抑え、喉の痛みを緩和させることができるというわけです。

■カイロを貼る

喉が痛いな・風邪っぽいなと感じたら速攻でやってほしいのがカイロを貼る方法です。
hokkairo
背中の上あたりには「風門」というツボがあるのですが、ここは風邪の出入り口とも言われている場所なんです。

なので風邪の引き始めにここを封じ込めれば、喉の痛みや風邪自体もおさまりやすいんですね。

カイロを貼る位置ですが、まずは顔を下に向けて首を曲げてみてください。
首の後ろ側に骨が飛び出ているところがありますよね?

その位置から下側の肩甲骨の間あたりにホッカイロを貼ってください。
低温やけどを起こすといけないので必ず洋服の上から貼るようにしましょう。

風邪かも!のあとはすぐにカイロを貼るのが効果的です。

■加湿する

喉が乾燥するとウイルスや細菌が繁殖しやすくなりますので、喉の潤いを保つのが重要です。
そのために有効なのが部屋の加湿とマスクです。

部屋を加湿する方法

部屋の加湿をするなら一番簡単なのは加湿器の利用です。

もしなければ、室内にぬらしたタオルや洗濯物をハンガーにぶら下げておくだけでも効果があります(タオルが乾かないようこまめに濡らしましょう)

室内の湿度を60パーセント程度に保つことでウイルスの繁殖を抑えることができますのでしっかり管理してください。

マスクで加湿する方法

喉の乾燥を抑えるのにマスクが有効です。
マスクの中で吐いた自分の息が喉を保湿してくれるんですね。
mask_hida_woman
マスクは外出時にするイメージがありますが、喉が痛いときは室内でもマスクをしましょう。
ドラッグストアなどで売られている濡れマスクを使うのもおすすめです。

マスクは寝ているときもつけるのがポイントです。
寝ているときにいびきをかいたりすると口が開いたままですから、喉が乾燥してウイルスや細菌が繁殖してしまいます。

起きているときも寝ているときもマスクをして喉の乾燥を防いでください。
もちろん使い捨てマスクはこまめに取り替えるのも忘れないでくださいね。

■うがい

な~んだうがいか・・・そんな声も聞こえてきそうですが、喉の痛みを退治するのにうがいは必須。
おすすめの方法はお茶とうがい薬を使ったやり方です。

まずは緑茶でうがいして様子を見て、それでも喉の痛みが緩和しないようならうがい薬を使いましょう。

緑茶うがいのやり方は簡単。
濃く入れた緑茶か粉末緑茶を少しのお湯で溶いたものを用意しうがいしてください。
drink_greentea
1日に何度か繰り返して、次の日になってもまだ喉が痛いままなら市販のうがい薬を使い喉の殺菌をすれば痛みが和らぎます。

■蜂蜜大根+ショウガ粉末

喉の痛みを緩和してくれる飲み物といえば「蜂蜜大根」ですが、昔からある方法はやはり侮れません。

ウチでも喉が痛くなったらすぐに作って飲んでいますが、ショウガの粉末を加えてパワーアップさせています。

でも蜂蜜大根って作ってから1日寝かせてから使うというのが困った点です。
喉が痛いのですぐに飲みたいし待つのがイヤなので、ここでは時間短縮する方法をご紹介します。

やり方はとっても簡単。
大根適量を用意したら荒くみじん切りにし、同量の蜂蜜を加えてスプーンでぐるぐるぐるぐる・・・としばらく混ぜているとだんだんエキスが出てきますのでそのまま常温で1時間置いておきます。

その後は適量の蜂蜜大根(エキスだけでなく大根ごと)としょうが粉末をカップに入れてお湯を注いで飲んでください。

普通ですと大根をさいの目程度の大きさにカットして最低1日程度は蜂蜜につけ込むのですが、みじん切りにすることで早くエキスを出すことができるというメリットがあります。

喉が痛い!すぐに飲みたい!というときはこの方法をお試しください。

おわりに

喉って大切ですよね。

2週間くらい前だったか・・・風邪で喉が痛くてがらがら声になってしまったんです。
で、そのときの自分の声があり得ないくらいババくさいしわがれ声で愕然としました(笑)

やはり耳に心地よい澄んだ声を保っていたいですね♪

sponsored link