キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

しめじの白いふわふわはカビ?食べられる?保存方法は?

time 2017/08/25

しめじの白いふわふわはカビ?食べられる?保存方法は?

ヘルシーでクセのないしめじは、どんな料理にも合わせやすい食材。
1年中お値段の変化も少ないですしね^^

さて料理に使おうとパックから出してみると、しめじの根元や傘の部分にふわふわとしたカビのようなものが付いていたらびっくりしますね!

これはカビなのか?もしもカビなら体に毒ってこともあるし捨てた方がいいのかな~せっかく買ったのに・・・と困ってしまいます。

こんな時はどうしたらいいのでしょうか?

sponsored link

しめじの白いふわふわはカビ?

しめじにふわふわした白いものが・・・!

毎日の食生活でカビが生えた食べ物なんてそう多くはないですから、見た目的にカビっぽいとどうしたもんかと悩みますね。

お店に行って交換してもらうのもメンドクサイし、かといって捨てるのももったいないし。
この白いふわふわの正体は何なのでしょうか?

大丈夫。このふわふわは「気中菌糸」と呼ばれているものでカビではなくきのこの一部なんです^^

ふわっとしてて形もないのにちょっと不思議ですけどね。

人間の目には見えませんが、きのこは菌糸を伸ばして土や枯れ葉などを分解しながら成長していきます。

菌糸体は子孫を残そうとするとき、自分の成長を止めて「子実体」というものを作るのですが、それが「きのこ」となる部分なのです。

ところが子実体を作ったものの何らかの原因で「まだ早かった」と感じたときに、菌糸の状態に戻ろうとすることがあるんです。

その時に子実体・・・つまりきのこの栄養を元にして菌糸が成長しようとします。
これが今回問題となっている白いふわふわの正体「気中菌糸」です。

・・・というわけで、白いふわふわはきのこの一部なので食べても大丈夫というわけなんですね。

また、白いカビの他に緑色のカビが根元部分に出ている場合もあります。
これはちょっと見分けが付きにくいものなので注意しないといけません。

ホントにカビかもしれないししめじの育成時に付いた藻である場合もあるんです。

しめじを購入した当日ならどちらなのかを判断するのは難しいので、購入した店舗の管理者に相談してみてください。

そのしめじが購入して日にちが経っている場合は、カビの可能性が高くなってきます。

いずれにせよ緑色のものは、もしもの可能性が高いので自分で判断しないようにしましょう。

しめじの白いカビは食べられる?

さて本題に戻って再度しめじのふわふわのお話の続きです。

白いふわふわはカビではないということがわかったものの、そのまま食べるのはちょっとキモチワルイ・・・と感じるかもしれません。

いつもどおり料理に使っても大丈夫なのですが、気になる場合は濡らしたキッチンペーパーでふわふわを拭き取りましょう。
炒める煮るなどの料理に使う前に、ざっと水洗いしてもOKです。

自分が気持ちよく使える方法で対処してください。

しめじの適切な保存方法は?

しめじの白いふわふわは、できればないほうがいいですよね。

保存方法に注意することで、これを防げるのでしょうか?

気中菌糸は密閉されていなかったり、温度変化が多いことで出やすいとされています。

しめじが中途半端に残ったりするとパックに戻したり、冷蔵庫の出し入れが頻繁になったりしますよね。

冷蔵庫からの出し入れをなるべく控え、しっかりタッパーなどで保存し早めに食べるようにしましょう。

すぐに使わないようならしめじは冷凍保存がおすすめ。
1~2ヶ月程度保存することができます。

その方が古くなったり保存状態が悪くなることで起きる、緑色のカビなども防ぐことが出来ますしね。

しめじの石突きを取ってからバラバラまたは小房に分け、ジップロックなどのチャック付き保存袋に入れて空気をしっかり抜いたら冷凍庫に。

使う時は必要量だけ出せますのでとても便利。

冷凍した方がしめじのうまみが増し栄養価もアップしますので、より美味しいおかずを作れるというメリットもあります^^

使う時は解凍せずに、凍ったままスープや炒め物などに使ってください。

解凍させてしまうとドリップが出て、しめじのうまみ成分も一緒に逃げてしまいますので注意しましょう。

おわりに

しめじはローカロリーな上に、お腹のお掃除もしてくれる優秀食材。

どんな食材とも相性がいいので色々な調理法で食べることができますが、特におすすめなのは炒め物です。

しめじに含まれているビタミンDは油と一緒に摂取すると吸収率がアップしますので、炒め物にすると効果的に栄養をとりいれることができます。

ウチでは炒め物はもちろん、チャーハンの具として入れることも多いです。
食感もいいのでちょっと油っこいチャーハンも最後まで飽きずに食べられます^^

sponsored link