キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

呼吸が浅い原因や放っておくとどうなる?改善するには?

time 2017/10/22

呼吸が浅い原因や放っておくとどうなる?改善するには?

生きるために必要な呼吸。

何も考えずに体が勝手に息をしてくれるのが普通なのですが、何かの原因で呼吸が浅くなったり息が吸えない・肺が苦しいなどの症状で悩む人が多いです。

深い息ができないのって、水の中にいるみたいにずーーっと苦しいですよね。

このページでは呼吸が浅い原因やそれを放っておくと体にはどんなことが起こるのか?
深い息ができるように改善する方法についてご紹介します。

sponsored link

呼吸が浅い原因は?

空気は無料&無制限に吸えるというのに、体の中にスーーっと入っていかないのはホントにツライです。
自由に吸えるはずの空気が入っていかない原因は何なのでしょうか?

■ストレス

第一に考えられる原因はストレス。

人間はストレスを感じると交感神経を優位にしますので、呼吸が浅くて回数が多くなります。

■猫背

普段から姿勢が悪かったり、スマホやパソコンなどで前屈みの姿勢になっていると呼吸が浅くなります。
猫背は呼吸の大敵です。

■筋肉の硬直

肩甲骨周辺や背中の筋肉が凝っている状態だと、息が苦しく感じやすいです。

■胸呼吸・口呼吸

胸呼吸・口呼吸は鼻呼吸や腹式呼吸に比べると体に空気を取り込む量がかなり少ないので、呼吸の回数が増えてしまいます。

口呼吸をしていると、アレルギー物質やウイルスなど体にとって害になるものが入り込みやすいので病気にかかりやすくなります。

■呼吸器系の不具合

肺や心臓など呼吸に関係する臓器に不具合があると、酸素をスムーズに運べなくなってしまいます。

そのため呼吸を浅くし回数を増やして何とか帳尻を合わせようと、体が調整している可能性もあります。

呼吸が浅いとどうなる?

呼吸が浅くて苦しいけど今すぐ何かが困っているというわけでないなら、おかしいなー・・・と思いながらもそのまま症状を放置している方が多いかもしれません。

呼吸が浅いまま放っておくとどうなるのか?

十分な酸素がないので脳が酸欠を起こし、ボーッとしたり眠くなる・だるい・頭痛がするなど色々な症状が起こります。

体の隅々まで酸素が行き渡らなければ栄養も行き届きませんので、免疫力も低下し病気にかかりやすくなります。

自律神経もバランスを崩して、心の病気にもなる可能性は大きくなります。

浅い呼吸は体や心に不具合をもたらす元になるだけで、何もいいことはありません。
今すぐ呼吸を改善しましょう。

呼吸が浅いのを改善するには?

息が深く吸えなくて苦しい・・・
どうしたら浅い呼吸を改善することができるのでしょうか?

■意識する

一番大事なのは「息を深く吸う」と自分で意識することです。

息をすることに慣れていない場合は、無意識のうちにすぐ元の呼吸に戻ってしまいやすいんです。

なのである程度慣れるまでは「吐いて吸って・・・」と頭の中でイメージしながら息をするのがとても大事です。

■腹式呼吸にする

まずは今の浅い呼吸を治さないかぎり、息が苦し以上たいから逃れることはできません。

腹式呼吸に慣れるまではどうしても時間がかかりますが、そのやり方が体にしみこむまで辛抱強く続ければ必ず呼吸は深くなるはず。

まずは動画で正しいやり方を確認しておきましょう。

腹式呼吸ができるようになると気持ちが落ち着かないときも鎮めることができますし、夜の寝付きも良くなり睡眠の質も上がる可能性大です。

■呼吸筋ストレッチ

肺回りの筋肉を鍛えると深い呼吸がしやすくなります。

やり方はとっても簡単。
まずは足を軽く開いて両手を頭の後ろで組み、3~5秒で息を吸い込みます。

今度は腕を上げて両手を組んだ指を空のほうに反らせて、背伸びをしながら先ほどの倍の時間をかけて6~10秒で息を吐き出します。

この時は腕を後ろに引き、首は前に傾けるのがポイントです。

この動作を1回につき10回、朝昼晩1日3回やってみてください。

この体操はいまだに毎日やっていますが、肺から胃の辺りが伸びてき持ちがいいですし息がしやすくなります。

■風呂

シャワーでささっと・・・ではなく、湯船にお湯をためてゆっくり浸かり体を温めてください。

体の疲れや緊張がとれるので、心もリラックスし呼吸も深くなりやすいです。

好きな香りの入浴剤を使ったり音楽を聴くなどしながら、長風呂をするのもたまには良いものです。

■温かい飲み物

こころも体を温め心もリラックスさせてくれる温かい飲み物を飲みましょう。

おすすめはココアやハーブティー。
ココアは癒やし効果がありますし、ハーブティーならノンカフェインです。

■ウォーキング

週2~3日程度でいいので、早歩きで20分くらいウォーキングすると自律神経が整い呼吸もしやすくなります。

私の通っている鍼灸院の先生に教えてもらいました^^

おわりに

私自身もずっと呼吸が浅く体の調子はいつも悪かったので、腹式呼吸から体質改善を始めました。

やり始めてからもう1年くらい経ちますが、まだまだしっかり意識していないと呼吸を止めてしまったり浅い息をしていることがあります。

身についてしまった呼吸を治すのってホントに難しいなあと思いますが、最近は息が吸えない・息苦しいと感じることも少なくなったのでかなり改善したと思います。

息が浅くなると肺自体が小さくなってしまったり体の中にも色々な影響を及ぼしますので、とにかく呼吸だけはしっかり治すようにしましょう^^

呼吸はお金もかからず、自分の意識次第で治すことが可能です。
美味しい空気をいっぱい吸ってください~

sponsored link