キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

プールで髪の色落ちや痛みを防ぐケアや予防法は?

time 2017/05/09

プールで髪の色落ちや痛みを防ぐケアや予防法は?

真夏のプールはもちろん、日頃からスポーツクラブなどで水泳をしていると気になるのは髪の傷みや色落ち。
ヘアカラーをしているとあっという間に落ちてしまうこともありますよね。

かといって、髪のことを気にしてプールに行かないっていうのも残念ですし・・・。

どうしたらプールによる髪のダメージを防ぐことが出来るのでしょうか?
このページではプールでの色落ちや痛みを防ぐためのケアや予防法についてご紹介します。

sponsored link

プールで髪が傷む原因は?

プールでなぜ髪が傷むのか?その原因は「塩素」です。

不特定多数の人が使うプール内の水は人が入れば入るほど汚れていきますので、雑菌繁殖を食い止めるためには塩素が必要なのです。

プールの水質を保つために必要な塩素も髪にとってはダメージの元でしかなく、塩素の漂白作用によって髪が色抜けし茶色くなってしまうんです。

白髪染めなんてしていると、ホントあっという間に色が抜けてしまうので(←経験済み)注意が必要です。

プールで髪の色落ちを防ぐ方法は?

プールを楽しんでも髪を茶色にしたくない!という場合は、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

■髪を濡らしておく

プールに入る前にはシャワーなどで髪を濡らしておくようにしましょう。

例えば乾いた髪でプールに入った場合、塩素入りの水が髪にそのまま吸収してしまいますが水に濡らしておくとそのダメージを和らげることができます。

■オイルトリートメントを付ける

お使いになるプールの規定で整髪料NGでなければ、髪をシャワーで濡らしたあと水気を絞った髪にオイルトリートメントを付けておくと髪の傷みを防ぐことが出来ます。

椿油など天然成分のオイルトリートメントを使うのが鉄則です!

オイルトリートメントを付けた場合、水泳帽をかぶり極力プールの水を汚さないようにしてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大島椿 椿油100% 60ml【楽天24】[大島椿 椿油]
価格:1476円(税込、送料別) (2017/5/9時点)

■水泳帽をかぶる

スポーツクラブのプールですと水泳帽必須のことが多いですが、レジャー施設のプールは帽子なしで入れますよね。

帽子をかぶるのはカッコ悪い!とかぶらない方も多いですが、髪の色抜けや痛み防止のためにはシリコン製の水がしみこまないタイプの帽子をかぶった方がプールの塩素から守ることが出来ます。

髪が長い場合はシリコン製の帽子をかぶっても隙間が出来やすく水が入り込みやすいので、髪を濡らしたあとメッシュの帽子をかぶった上にシリコン帽子をかぶるダブル使いのほうが効果がアップします。

■しっかり水で洗う

プールのあとは体についた塩素や汚れなどを流す意味で軽くシャワーをあびるのが普通ですが、「流す」のではなく髪をしっかりとぬるま湯または水で洗ってください。

家に帰ってからゆっくり洗うのではなく、プールが終わったその場で塩素を落とすことでそれ以上の髪のダメージを食い止めることが出来ます。

髪を漂白する作用のある塩素を長時間そのままにしておけば、それだけ痛みも色抜けも強くなりますからとにかく早く洗い流すのが一番良い方法です。

プールで髪の痛みを防ぐケア方法は?

プールから帰ってきたら髪の傷みを和らげるためにもう少しいたわりケアをしてあげましょう。

塩素は髪の成分であるタンパク質と結合するとキューティクルが剥がれて、髪をパサつかせてしまいますので保湿をすることが大切です。

■髪を洗う

帰宅後はお風呂に入ってシャンプーしましょう!

プールでしっかり髪を洗ってきたとはいえ塩素が完全に取れたわけではないので、シャンプーして残留しているものを洗い流すのが目的です。

シャンプーは2度洗いするとスッキリ落ちます。
そのあとはトリートメントやヘアパックをしてしっかり保湿ケアしてくださいね。

■ヘアオイルで保護

洗った髪はヘアオイルや洗い流さないトリートメントを使ってさらに保湿しましょう。

先ほどのシャンプーの際にトリートメントやヘアパックをしていますが、痛みのひどいときはダブルでやると効果的です。
(次の日以降はどちらかだけでもOKです)

ドライヤーで乾かすときは近距離から熱風が当たらないように髪から離して、根元から乾かし最後は冷風を頭の上から当てるようなイメージで髪のキューティクルを整えるのがポイントです。

おわりに

普段から髪のケアをしていたとしてもプールに入ると髪の傷みはテキメン!

意識して塩素を洗い流しトリートメントで保護すれば髪の色抜けも最小限にとどめることが出来ます。

髪の美しさは保つのはもちろん、プールも諦めることなく楽しんでくださいね^^

sponsored link