キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

唇が荒れる原因や治すには?口紅に注意?  

time 2016/12/25

唇が荒れる原因や治すには?口紅に注意?  

寒い時期は唇が乾燥してぱっくり割れや痛みが出るほど、ひどい荒れに悩まされることが多いですよね。

ガサガサの唇では口紅も浮いてしまいますし、唇が割れて血が出ているなんて状態は見た目的にもマズイので絶対避けたいものです。

リップクリームを塗っても一時しのぎでなかなか改善しない・・・というひどい荒れはどうしたらよいのでしょうか?

このページでは唇が荒れる原因をはじめつやつやの唇にするとっておきのケア方法をご紹介します。

sponsored link

唇が荒れる原因は?

皮むけしてガサガサの唇は、ちょっと大きく口をあけただけで割れてしまうので困りものですね。

リップクリームを塗っているのにどうしてこんなに荒れるんだろう?という場合、もしかしたら思わぬ原因が潜んでいるかもしれません!

唇が荒れる原因をひとつづつ見ていきましょう!

■胃腸が悪い

こまめにリップクリームを塗っても唇の荒れが止まらないという時は胃腸が弱っているサインかもしれません。

胃腸の不調は唇でわかると言われていて上唇は胃を、下唇は腸の状態をみる目安になっています。
なんと唇で不調の個所を判断することができるんです!

ちなみに上唇が乾燥するのは胃が荒れて熱を持っているということなので消化の良いものを食べるようにしましょう。

■空気の乾燥

空気がカラカラに乾いている冬は唇も乾燥しやすいですし、暖房がきいた部屋も同じように唇が荒れやすいです。

唇が乾燥すると薄い皮がだんだん突っ張ったような状態になってきて、何かのはずみで割れて雑菌が入り込み荒れる原因になります。

■唇をなめる

唇をなめる癖があると乾燥しやすくなります。

なめた時は唇の乾燥が止まったような気がしますがその後唾液成分が蒸発するときに唇の水分まで奪い余計に乾燥しやすくなるのです。

その他唇を噛む、触るなどでも同じように乾燥しやすくなります。

せっかくリップクリームを塗っても唇をなめてしまうと取れてしまいますからクセをなおしましょう。

■水分不足

体に水分が足りていない状態ですと皮膚と同様に唇も乾燥します。

冬は夏と違い汗もかきませんし喉が乾かないので、ついつい水分をとらなくなってしまいがちですので気をつけましょう。

■唇をこする

メイク落としで唇をこすったり、食事後に口周りの汚れ落としのためにティッシュで唇をこすると摩擦で荒れる原因になります。

また、唇の乾燥を防ぐためにリップを塗る時も要注意。

寒いとリップ自体が固くなっていて唇に塗る時グイグイこすったりしがちです。
唇はとても繊細なのでちょっとした負担でもすぐに影響が出て荒れる原因になります。

■栄養バランスの崩れ

コンビニ食や外食が多く栄養バランスが乱れがちに食生活をしていると唇も乾燥しがちです。
特にビタミンが不足すると唇が荒れやすいです

■口紅が合わない

口紅やリップクリームにアレルギーを起こす成分が含まれていることがあります。

例えば赤色202号や青色201号などのタール色素は刺激が強く唇が荒れる元ですので、口紅の成分に入っていないか確認してくださいね。

今お使いの口紅で、つけるとどうもを唇が荒れるような気がする・・・という時はすぐに使用をストップして他のものを使いましょう。

オーガニック系やナチュラル系の口紅ならホホバオイルやシアバターなど植物由来で作られていて、タール色素なども使われていないので唇もキレイに保つことができます。

■口紅が落ちていない

唇は縦しわがあるので口紅が中に入り込んでしまい、クレンジングをしても汚れが残ってしまう時があります。
メイク汚れの残りは唇を荒らす元になりますので落ちたかどうかをしっかり確認しましょう。

クレンジングの時もグイグイ強い力でこすって落とすのではなく、クルクル優しくなじませてオフするようにしてくださいね。

■口呼吸

日常的に口呼吸をしていると唇がいつも空気に触れていることになるので乾燥しやすいです。

唇が荒れるときのケア方法は?

ボロボロに荒れてしまった唇はどうやってケアしたらいいのでしょうか?

■蜂蜜パック

とにかく唇が荒れて困ってる!という時は蜂蜜パックをしましょう。

蜂蜜とワセリンを目分量でいいので同量混ぜ合わせたら唇に塗ってラップをし蒸しタオルを乗せて5~10分。
その後軽く拭き取ったら完了です

週末はこの蜂蜜パックでスペシャルケアをすればプルプルの唇にだんだん近づきます。

■リップクリームを塗る方向に注意

唇のキメは縦方向ですのでリップクリームを塗る時は、横塗りではなくしわに合わせて縦に塗りましょう。

■マスクをする

外出の際はもちろん室内にいる時でもマスクをすれば唇の乾燥を防ぐことができます。

夜寝る時にもリップを塗ってマスクをして寝れば翌朝には唇の荒れも緩和しているはず。

■胃腸を治す

胃腸が不調なら唇ケアをしても治りませんので治療もしくは食事・生活習慣の見直しをしましょう。
不調がよくなれば唇は放っておいても自然に治ります。

■水分補給

唇にリップクリームをたっぷり塗って油分補給しても体の水分が足りていなければ唇が潤うことはありません。

1日1.5~2リットルを目安にして水分をたっぷりとり体の潤いを取り戻せば唇の荒れや渇きも緩和します。

■ビタミンB2

粘膜を保護する働きがあるビタミンB2が不足していると唇が荒れやすくなりますので食事に取り入れましょう。

おすすめの食材にはレバーや納豆・ウナギや卵・ブロッコリーやホウレンソウなどがあります。

■加湿器を使う

部屋が乾燥しやすい季節は加湿器を使って湿度を保つことで唇の荒れを防ぐことができます。

加湿器の代わりに濡らしたタオルやバスタオルをハンガーにかけてつるしておくだけでも効果があります。
乾いたらまた濡らすのを忘れないでくださいね。

おわりに

私は1年じゅう唇が乾燥しているか荒れていて、口紅がきれいにのったためしがないんです。
その理由は胃の不調と乾燥からくるもの。

5年ほど前から食事改善をして最近はかなり良くなりましたのでそれと同時に唇の荒れも和らぎました。
乾燥肌は今もまだ治っていないので特に冬の乾燥する季節はまだまだ唇の皮がベロンとむけてしまいます。

市販のリップクリームを塗ると余計に皮がむけるのでワセリンを塗ってマスクをするようになったら、保湿効果がありかなりよくなりました。

唇のターンオーバーは4日~1週間と早いので結果が出るのが早いのがいいところ。
色々試して自分に合う方法を見つけてくださいね。

sponsored link