キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

洗濯洗剤の粉と液体の違いやおすすめなのはどっち?

time 2018/01/27

洗濯洗剤の粉と液体の違いやおすすめなのはどっち?

洗濯洗剤って色々な種類がありすぎて、どれにしようか悩みます。

もしかしたら洗剤選びは汚れ落ちよりも、どんな香りがするのか?のほうが重要なのかもしれませんね。

洗剤には粉末と液体がありますが、最近は液体のほうが主流なので目につきやすい分液体を使っている方のほうが多いんじゃないかと思います。

でもお値段を見ると粉末洗剤って液体よりも結構お安めですから、ちょっと気になったりもします。
もしかして粉末は汚れ落ちが悪いから安いとか?

ホントのところはどうなんでしょ?

sponsored link

洗濯洗剤の粉と液体の違いは?

売場を見ると圧倒的に幅をきかせているのは液体洗剤。

粉洗剤はどちらかというと隅っこに追いやられていて、一応置いてます~みたいな感じにも見えてしまうほど。

CMなどの影響もあり、やはり液体洗剤のほうが人気が高いようです。

では粉と液体は何が違うのか?
それぞれのメリットやデメリットも合わせて見ていきましょう。

■粉洗剤のメリットデメリットは?

粉洗剤のメリットはお値段の安さと洗浄力の強さ・長期保存に向くという点。
デメリットは溶け残りが起こりやすいことです。

粉洗剤最大のメリットとも言えるのが、洗浄力の強さです。

液体洗剤でひどい汚れ物を洗うときはつけ置きなどの手間が掛かりますが、粉洗剤は洗浄力が高いのでつけ置きせずそのまま洗濯することができます。

汚れのほとんどは酸性汚れですので、アルカリ性である粉洗剤が目に見えない汚れもしっかり取って洗濯物がスッキリと洗い上がるというわけです。

その反面粉洗剤は改良されたとはいえ冬は溶け残りが起こりやすく、衣類に洗剤が残ってしまうこともあり使い勝手がイマイチなのが難点。

それを解消してくれるのがぬるま湯。

35~40度のぬるま湯を使って粉洗剤で洗濯する・もしくは粉をぬるま湯で溶かしてから使用すれば、衣類への溶け残りが解消されるばかりでなく皮脂汚れ・泥汚れ・食べこぼしなどもしっかりとキレイにしてくれます。

粉末洗剤はこの「ちょっと一手間」がかかるというのが難点ですが、それさえ苦でなければ汚れ落としという点では優秀なので洗剤としてはとても良いものです。

洗濯洗剤のなかではとても地味な存在ですが、お値段も安く保管方法さえ間違わなければ長期保存も可能というのも評価すべき点です。

ちょっとしたお返しなどにも洗剤が使われるのは、保存がききお値段もおさえめいう事情もあるのですね。

■液体洗剤のメリットデメリットは?

液体洗剤のメリットは溶け残りなどの心配がないため直接入れて手間なく使えることや、おしゃれ着洗いにも使える点です。

デメリットは洗浄力の弱さや、粉に比べるとお値段が高めという点です。

液体洗剤で注目すべきは、やはり使い勝手の良さと洗浄力の弱さ。

液体なのでスッと水になじみ、溶け残りの心配もないため安心して使う事ができます。
これは液体洗剤をつかう最大のメリットと言えるかもしれませんね。

その反面洗浄力はそれほど強くないので、ガンコな汚れ物には向きません。

一般的な汚れ程度の洗濯物なら問題ありませんが、ガンコ汚れを液体洗剤で洗うとイマイチ落ちていない・・・ということになりやすいです。

液体洗剤は繊維の奥からしっかり汚れを落とすというよりは、風合いを保ちながら一緒に汚れも落とすというようなイメージです。

洗浄力が優しいぶん繊維を傷めにくいので、おしゃれ着洗いやデリケートな衣類を洗うのにも使えるという点ではデメリットもメリットになります。

洗濯洗剤の粉と液体 おすすめはどっち?

2つの違いがわかったところで、今度はどちらを使ったらいいのか?でお悩みかと思います。

それぞれいいところ・悪いところがありますので迷いますよね。

おすすめはどっちなのか?というよりは、どんな衣類を洗うのかや使い勝手など何を重視するかによって液体と粉どちらを使うかを決めるのがいいと思います。

例えば汚れ落ち重視なら粉洗剤。
使い勝手の良さならさっと水にもなじむ液体洗剤。
お値段で選ぶなら粉洗剤。
おしゃれ着洗いなら液体。

・・・こんな決め方でいいと思います。

それでもう~んどっち?という場合は・・・
普段の洗濯物はひどい汚れものが多いなら粉末タイプがおすすめです。
洗濯物の汚れの度合いが普通程度なら液体を使いましょう。

可能なら2種類を買い置きしておき、その都度洗濯の汚れ度合いによって使い分けするのが一番いい方法かもしれません。

粉洗剤は湿気のないところで保存すれば長持ちし変質の心配も少ないですから、液体と粉末を用意しておくとうまく洗い分けられて良いです。

おわりに

ウチでは溶け残りの心配がないという点を重視して、主に液体洗剤を使っています。

普段の洗濯は液体ですが、カーテンやこたつカバーなど季節ものの洗濯をする場合や汗をかきやすい夏の衣類には粉洗剤を使っています。

特にカーテンを洗ったときは液体洗剤だと落ちていないと感じることが多いので、やはり粉にはかないません。

粉洗剤の出番は少ないですが思い通りに洗濯するためにはあるとイイナと思いますし、お値段も安く買い置きしておいても家計に響きませんので常備しています^^

sponsored link