キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

胃もたれ解消法 簡単セルフケアで治す方法は?

time 2017/05/31

胃もたれ解消法 簡単セルフケアで治す方法は?

胃がムカムカして気持ち悪い・重いなどの胃の不調はホントに辛いですよね。

食べると胃もたれする→治る→また胃もたれ・・・の繰り返しだと、普通に生活するだけでも大変な状態になってしまいます。

胃の動きが弱まっているときはもちろん、歳とともに胃もたれが起こることも多いですが、少しでも胃のムカムカを感じることなく普通に過ごすにはどうしたらよいのでしょうか?

sponsored link

胃もたれとは?

そもそも胃もたれとはどんな状態か?というと、胃がぱんぱんに張っているとか重い・ムカムカなどの症状が主なもの。

胃酸の量が少なかったり、胃の動きが悪かったりすると消化が進まず食べ物がお腹の中で停滞してしまうことで起こります。

胃もたれの原因は?

どうして胃もたれが起こってしまうのか?
その原因をざっと確認しておきましょう。

■食べ物によるもの

刺激の強い物や脂っこいものを食べたり、自分の許容量を超えての食べすぎ・飲みすぎなどは、一時的に胃の働きが弱くなり胃もたれする元になります。

特に注意が必要なのは脂っこいもの。

揚げ物や肉類などたっぷり脂が含まれているものは消化が追いつかず、どうしても胃もたれを起こしやすいです。

■ストレス

緊張やストレスの多い生活は胃をコントロールする自律神経が乱れ、胃の動きが悪くなり胃もたれを起こしやすくなります。

体はとてもデリケートに出来ているのですね。

■体の疲れ

睡眠不足がたたっていたり体の疲労がピークに達しているときなどは、胃の機能も低下し消化能力も落ちて胃もたれしやすいです。

十分に体を休め睡眠をきちんと取ることが先決ですね。

■年齢によるもの

歳をとるごとに、胃の消化機能もよわくなり食べ物がいつまでも停滞して重く感じることが多くなります。

若いときは胃の動きも活発なためお腹いっぱい焼き肉を食べてもなんともないですが、加齢の影響でだんだん胃がもたれるようになり量も食べられなくなります。

だれにでも起こる自然なことなので仕方がないことですが、適度な運動をして代謝を上げたり血流のよい体に保っていれば胃の弱るスピードもある程度ゆるくすることもできます。

いつまでもおいしく食べるためには健康管理が重要ですね。

胃もたれ解消法は?

胃がムカムカ重く感じるときは、どうやって解消したらよいのでしょうか?

■胃もたれがラクになる寝方で休む

胃もたれで気分が悪いときはどうせ起きていても何も手に付きませんので、ひとまず横になりましょう。

体の右側を下にして横になると、胃の内容物が十二指腸へスムーズに移動してくれるのでラクになります。

うっかり寝返りを打って左下で寝てしまうと気分が悪くなりやすいので注意してください。

この状態でしばらく寝ていれば胃もたれもだんだん良くなります。

■ツボ押し

状態がちょっと落ち着いてきたらツボ押しをしてみましょう。
横になったままでも出来る2カ所のツボをご紹介します。

まず1つ目は「合谷」というツボ。
手の甲の親指と人差し指の骨の合流するあたり?付け根?をぎゅーっと強めに押しましょう。
結構イタキモなポイントです。

2つめのツボは「中かん」。
寝た状態で、おへそから指4本分上に上がったところが指圧ポイント。
ここを押すと消化を促し、たまにグルグル・・・と音が鳴ったりします。

息を吐きながら5~10回程度ゆっくりと押してみてください

■何も食べない

胃もたれしているときは胃の動きが悪いときですから、消化を促す食べ物を口に入れるのではなく何も食べないことでいったん胃を空っぽにしましょう。

胃の中に何か食べ物が入れば胃は動かなければなりません。
一時的に絶食することで胃を休ませ機能回復を待つのも一つの手です。

■お風呂に入る

お風呂に入るとリラックスしますし自律神経が整いやすくなりますので、胃のムカムカが少し和らいだらゆるめのお風呂にゆっくり浸かってみましょう。

ただし、食後すぐお風呂に入ってしまうと消化の邪魔をしてしまいますので最低でも30分以上経ってからにしてください。

■消化を促す食べ物は?

胃がムカムカしているときは食べるのはおすすめしませんが、状態がかなり落ち着いてきたところで消化を促してくれる食べ物をとりいれてみましょう。

大根は消化酵素を多く含みますので、大根おろしにして食べると胃がスッキリします。

山芋や長芋も同様に消化酵素を含んでいますし、ねばねば成分には胃壁を守る作用もありますのでおすすめです。

キャベツやリンゴも胃もたれを緩和してくれる食べ物の一つです。

胃もたれの時はお腹いっぱい食べるのは避け、少なめの量で終わるようにしましょう。

軟らかく煮たうどんや豆腐などあっさりとしていて、消化に時間がかからないものを選んでください。

油を使ったものや食物繊維が多く含まれる食材は避けるのがポイントです。

おわりに

私自身も胃もたれがしょっちゅう起きるので、どれも実践している方法をご紹介してみました。

ちなみにワタシの胃もたれの原因は自律神経によるもの。
毎日の食事に気を配っていても、自律神経の乱れからどうしても体調を崩しやすいのです。

薬がキライなのでどんなに調子が悪くても飲まずに自力で何とかしています。
原因を探れば解決ポイントが見えてきますので、自分の体の治癒力を信じてセルフケアしましょう!

胃がもたれて重いと何もやる気が起きなくなってしまいますから、生活リズムを整えて気持ちよく過ごせるようにしたいですね^^

sponsored link