キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

産後の抜け毛はなぜ起こる?いつまで続く?予防法は?

time 2016/11/19

産後の抜け毛はなぜ起こる?いつまで続く?予防法は?

赤ちゃんが無事に生まれてやれやれ大仕事も終わったぞ♪と喜んでいたのもつかの間。
怒涛のような日々がスタートしますね。

眺めているだけなら「めちゃくちゃかわいい赤ちゃん」ですが、いざ毎日の世話がはじまったら目が回るような忙しさにくたくたになってしまうかもしれません。

そんな時に一番つらいのは産後の抜け毛。
忙しくて自分のことにかまっていられないというのに、日に日に自分の髪の毛がごっそり抜ける様子には恐怖すら感じるかも・・・!

このページでははげるんじゃないか?!と言うくらいの大量の抜け毛はなぜ起こるのか?その原因をはじめ、いつまで続くのか?予防するにはどうすればいいのかなどの対策をご紹介します。

sponsored link

産後の抜け毛はなぜ起こる?

出産後の抜け毛は産後脱毛症とも呼ばれ約半数の女性が悩むといわれているもので特別なことではありませんし、一時的なことですのであまり気にしなくても大丈夫。

・・・とはいえ枕に髪の毛の束がごそっと残っていたり髪の毛自体が細くなってしまうと髪のボリュームもなくなってしまいますし、このままいったらどうなってしまうんだろう?!と怖くなってしまいますよね。

なぜこんなに抜け毛が増えるのでしょうか?
その原因の主なものは女性ホルモンの変化です。

妊娠中は「エストロゲン」や「プロゲステロン」と呼ばれるホルモンが増加し子宮を大きくしたり乳腺を発育させるなどの働きをしているのですが同時に髪の毛の成長促進もしているんです。

プロゲステロンは髪の寿命を延ばす作用もあるためホントなら抜けているはずの髪の毛もそのまま維持してくれます。
・・・ところが。

出産後は髪に影響を与えるエストロゲンが急激に低下するため、それに伴って成長期を維持してきた髪の毛が休止期に入り一気に抜けてしまうので大量の抜け毛に悩まされるというわけです。

産後の抜け毛はいつまで続くの?

産後の抜け毛は自然に起こることなので気にしなくて良い・・・とはいえいつまで抜け毛が続くのか?先が見えないと不安で仕方ないですよね。

出産後2か月くらいから始まる大量の抜け毛は個人差はあるものの産後半年~1年くらいで徐々に治まります。

ただ、すぐには髪の量が元に戻るわけではないので薄毛期間をいかに短くして早く回復させるかが重要です。

髪を元通りにさせるために自分でできること・気をつけるべきことを次の項目でご紹介しますね。

産後の抜け毛を予防するには?

産後の抜け毛を少しでも減らすために必要なことはストレスを減らしてホルモンバランスを元に戻すための食事や睡眠など基本的な生活リズムを作ることです。

■食事

赤ちゃんのことでバタバタする毎日はゆっくり食事をするなんて夢のまた夢・・・
たいして噛まずパパッと残り物を口にして終わりってことが多いかもしれませんね。

自分の食事はついつい後回しにしてしまいがちですが、乱れたホルモンバランスを整えるためにもしっかり栄養を摂取しないといつまでたっても抜け毛はおさまりませんのでしっかり食べてください。

大豆製品

抜け毛をおさえるためにおすすめの食材は大豆製品。

イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをしますのでホルモンバランスを調整するためにもよい食べ物です。

豆乳や納豆、豆腐やおからなどに含まれていますので毎日の食事に少しづつ取り入れましょう。

海藻類

ビタミン・ミネラルを多く含むわかめやヒジキなどの海藻類は頭皮の新陳代謝をアップし発毛をスムーズにしてくれます。

黒ごま

黒ゴマに含まれているセサミンが血行を良くしてくれます。
頭皮の血行を促してよい状態に導いてくれます。

豚肉やレバー

豚肉やレバーに含まれているビタミンB群は頭皮を健康に保ったり代謝を促して発毛をスムーズにする働きがあります。
タンパク質と一緒に摂取すると効果的です。

かぼちゃの種

かぼちゃの種には鉄分や亜鉛などの髪にも必要な栄養素が含まれています。

生のかぼちゃから取り出して加工するのは大変なのでパンプキンシードとして売られている市販品を利用し手軽に摂取しましょう

■睡眠

育児期間はミルクをあげたり夜泣きしたりで睡眠時間を確保するのが難しいですよね。

でも睡眠不足は自律神経のバランスを乱し体の不調につながるのはもちろん、髪の毛にも大きな影響を与えますので最低限の睡眠時間だけでも何とかとりたいものです。

育児は自分だけでは絶対無理ですから周りにも協力してもらえるようにお願いしましょう。

特に旦那さんには「手伝ってほしい」と伝え一人でがんばりすぎないように育児を分担してもらいましょうね。

手のかかる時期は長いようであっという間に終わってしまいますから大変だけど後で後悔のないように二人三脚で頑張りましょう!

■ストレス解消

育児中はどうしてもストレスがたまりがち。

1人でいると頭がどうにかなってしまいそうなほど精神的におかしくなってしまうことだってありますよね。

でもストレスは髪の抜け毛に一番良くないことなんです。
嫌なことがあった時はその場から離れる、考えないなどの工夫も必要ですがそれではストレスはたまる一方です。

周りの協力も得ながら、どこかでおいしい食事を楽しむ・スポーツをする・ネイルをしてみる・お買い物に出る・映画を見る・本を読む・散歩するなど誰にも邪魔されない一人の時間を少しでも持てるように調整してみましょう。

また、髪の毛が抜ける心配ばかりしていると余計にストレスがたまって抜けやすくなりますので気にしないようにするのも大事なことです。

■頭皮マッサージ

頭皮の血行が悪いと栄養がしっかりと行き渡らず発毛にも影響がありますので頭皮マッサージをセルフで行いましょう。

髪が生える土壌をしっかり整備して髪が生える環境をととのえておけば髪が生えてくる期間もぐっと短くすることができます。

気持ちがいいので気分転換にもなりますし頭がすっきりしますのでおすすめです。

■シャンプー

排水溝が詰まるんじゃないか?って心配するくらいシャンプーするたびにとんでもない量の髪の毛が抜けるとただただビビりますよね!

今お使いのシャンプーリンスが市販のものなら洗浄力もかなり強いはずなので、もう少し頭皮に優しいワンランク上のものを試してみるのもいいと思います。

シャンプーなんで汚れを落とすだけだからどれも同じと思ったら大間違い!

頭皮や髪にトラブルを起こしにくい優しい洗い心地のシャンプーリンスを使えば今後の髪の状態もよくなります。
毎日使うものだからアミノ酸系の穏やかなものがおすすめです。

■育毛剤

ごっそり抜ける髪の毛をこれ以上放っておけない!という危機感を感じているなら育毛剤も試してみましょう。

ただし授乳中は育毛剤の影響も気になりますので、産後でも安心して使える無添加タイプものを選んでくださいね。

育毛剤でのケアを始めると精神的にも安心できるメリットもありますのでおすすめです。
私の周りでは「ベルタ育毛剤」というものが人気で口コミで広がりみんな使っていました。

おわりに

大量の抜け毛はずっと続くわけではありませんが人によっては地肌が見えるくらいにスカスカになってしまうこともありますので、毎日の生活習慣や食事などに注意して過ごしたいものですね。

抜け毛はメンタルとつながっていますから日々楽しく穏やかに暮らすことでその回復を早めることができると思います(^v^)

sponsored link