キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

耳掃除に綿棒はダメ?コツは?頻度はどれくらい?

time 2017/09/05

耳掃除に綿棒はダメ?コツは?頻度はどれくらい?

耳掃除って気持ちよくて大好きな^^という方も意外と多いもの。

耳垢は大してたまっていないとわかっていても、ついつい麺棒で耳かきしたくなってしまいます。

でも耳掃除ってそんなに頻繁にやっていいのでしょうか?

そもそも綿棒で耳の中をぐりぐり掃除するのすらよくないという噂もあるようですから、耳掃除好きならホントのところどうなのかが気になるところ。

さて真相は?

sponsored link

耳掃除に綿棒はダメ?

耳かきに使う道具の好みは人それぞれですが、そんな中でもお手軽で安全だと思われている方法に綿棒による耳かきがあります。

先っちょが綿になっているので耳にも優しそうですし、使い捨てなので衛生的にも良い感じがします。

でも耳掃除に綿棒はダメ!なんて話をたまに聞いたりすることがあります。
いつも綿棒を使っている人にとっては心配ですよね。

綿棒がダメだと言われているのには2つの理由があります。

まず一つ目は綿棒で耳かきすると、耳垢を奥に押し込んでしまう可能性が高いということ。
綿棒の先っちょは丸いので、実は耳垢をかき出すのにはそれほど適していない形状なのです。

そのため耳かきをするたびに耳垢を奥に押し込んでしまうことで、耳の聞こえにも影響するほど耳垢が奥に詰まってしまうこともあるんです。

耳垢を掃除するはずが、逆に押し込んでいるなんて困ったものですね。

二つめの理由は、綿棒はある程度の長さがあるため耳の奥まで入れてしまう危険性があるから。

耳垢があるな!と感じると、それをどうしても取りたくて必要以上に綿棒を奥へ突っ込んでしまいがち。

やみくもに耳の中を綿棒で探っているうちに、結局は耳の中を傷をつけてしまうのです。

以上のような理由で耳かきに綿棒はダメだと言われているんですね。

耳掃除を綿棒でやるときのコツは?

耳かきにはどうしても綿棒を使いたい!

耳の中を傷つけない使い方をすれば、耳掃除に綿棒を使うのは悪いわけではありません。

ここでは安全に使用するためのコツや注意点をご紹介したいと思います。

■1センチだけ!

耳の奥には耳垢がいっぱい潜んでいるのでは?と思われがちですが、実はそうでもないんです。

耳掃除をするときのポイントは、耳の穴から1センチだけ綿棒を入れて掃除することです。

耳穴の内側をくるくるっと軽くなでる程度で耳垢掃除は終了。
えっ?これだけで終わり?ってくらい、さらっと掃除するだけでいいんです。

耳の奥に綿棒を突っ込んでも耳垢がないばかりか、鼓膜など重要な部分を傷つけてしまうことにもなりますからね。

ひっかいたりこすったりすることで炎症を起こしたり、ひどいときには耳が聞こえにくくなることだってありますので十分注意してください。

綿棒を1センチだけ入れるなんて難しい・・・という場合は、綿棒を短く持ってお掃除してみましょう。

使用側の綿体から1.5cmの部分を持って表面から見える範囲で使ってみてください。
これなら耳の中に深く入ることがないので安全に耳かきができると思います。

■こすらない

綿棒の先は綿だから安心だと思われがちですが、ちょっと力をこすったりするだけでデリケートな耳の中はすぐに傷ついてしまいます。

そうすると、傷が治ってくることにまた耳の中がかゆくなり・またかゆいからこする・傷つく・・・のエンドレス。

どこかでやめないとずーっと耳の中は傷だらけです。

これが原因で外耳炎になる事も多いので、耳の中は強い力でこすったりしないでくださいね。

耳掃除の頻度はどれくらい?

耳掃除が大好きな人はたぶん毎日やっているんではないでしょうか?

例えばお風呂に入ったあとは必ず耳掃除をやるとか、生活の中に組み込まれていたりしますよね。

耳掃除はどれくらいの頻度でやればいいのか?

1ヶ月に1回程度で十分です!
どんなに多くても月に2回までにしておきましょう。

毎日耳かきをやっている人にとっては月1~2回しか耳掃除しないなんてアリエナイ回数かもしれません(笑)

耳は自浄作用がありますので耳かきなんてやらなくてもいい!んです。

まずは耳掃除したい気持ちをグッとこらえてガマンしてください(これが結構大変だったりします)

綿棒が目にはいるとやりたくなってしまうので、どこか見えないところにしまっておいた方がいいです。

不思議なことに耳かきを毎日やらないことに慣れてくると、今度は耳掃除をやるのがメンドクサイと感じるようになりますのでここまで辛抱してください。

私自身も耳かきは毎日やっていたので、これをガマンするのはものすごく大変でしたがもう慣れました。

今となっては、どうしてあんなに耳かきしてたんだろう?ってくらいになりましたので「耳掃除したい病」は治ったみたいです(笑)

おわりに

耳かきを毎日やっていたときはたまに耳の奥が痛くなることがありましたが、やらなくなってからは全くなくなりました。

たぶん耳の中が傷ついたりしてたんでしょうね~。
自分ではそんなに奥の奥に入れているつもりはないのですが、たまに綿棒に血がつくこともありましたし・・・!

何気なくやっている事で、いつの間にか耳の機能に支障をきたすこともありますから十分注意しないといけませんねっ。

sponsored link