キレイと元気の365日

毎日の生活で起こる疑問や困った事など身の回りのなぜ?を解決するヒントをご紹介します

体脂肪を落とす食べ物や食事方法は?

time 2017/12/16

体脂肪を落とす食べ物や食事方法は?

体重はそんなにないのに、見た目的には太ってるように見えてしまう・・・そんなお悩みを持ってる女性は多いものです。

一生懸命ダイエットしているのに、イマイチその効果が感じにくかったりするとどうしたもんかと思いますよね。

太っているか痩せているかは、体重だけでなく体脂肪が重要ポイントなんです。

このページでは、体脂肪を落としてスリムになるための方法についてご紹介します。

sponsored link

体脂肪を落とす食べ物は?

体重だけを落としても何だか締まりのないぶよっとした見た目。

これを何とかしたいなら、食べ物で体脂肪コントロールをしましょう。

でもやみくもに食べ物を減らすだけでは効果はありません。

タンパク質や食物繊維・ミネラル・ビタミンなどをうまく食事に取り入れ、体脂肪を落としていくのが良いのです。

ここではおすすめの食べ物を見ていきましょう。

■キャベツ

食物繊維をはじめビタミンも多く含むキャベツは、カサもあるので満腹感を感じやすい野菜です。

食事の最初にキャベツの千切りをたっぷり使った野菜サラダを食べておくと、満腹感もあり食べ過ぎ防止にもなります。

■低脂肪高タンパクのお肉

筋肉を落とさず体脂肪を減らすためには、タンパク質の摂取が大事です。

タンパク質は肉や魚・卵・大豆類などに含まれていますが、おすすめはささみ・鶏胸肉です。

そこそこの食べ応えもありますし、あっさりとしてクセがないので毎日のおかずにも飽きずに食べることができます。

■青魚

アジやサバなどの青魚に含まれている「EPA」という成分には、血液の流れを良くする働きがあるとされています。

血行が良くなれば体の末端まで血液がめぐり体温も上がます。
そうすると代謝も良くなり、脂肪もエネルギーに変わりやすくなります。

■寒天

食物繊維を多く含む寒天はお腹で膨らみますので、満腹感を感じやすくして食事量を抑えるのにも役立ちます。

寒天ゼリーを作って食事前に食べておくとよいです。

粉末寒天を使えばゼリーを作るのはとても簡単ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

体脂肪を落とす食事の仕方は?

何を食べるのか?も大事ですが、体脂肪を落とすならそれと同じくらい食べ方も重要なポイントです。

■バランスよく食べる

体脂肪を落としたいと考えるときは食事量そのものをグッとおさえて、1日の摂取カロリーを低くすることばかり注目しがちですが実はそれではダメなんです。

体や内臓を動かすために必要なエネルギーが足りないと、体は筋肉を分解してしまいます。
筋肉が減ると太りやすく痩せにくくなりますので、これだけは避けたいですね。

そのためには筋肉の元になる魚や肉・大豆などに含まれるタンパク質をしっかり摂取し、バランスの良い食事をするのが良い食べ方です。

■食物繊維を最初に食べる

食事のときにいきなり炭水化物から始めてしまうと、血糖値が急上昇してしまいます。

血糖値の急上昇は体への負担が大きいですしめまいや体の疲れ・免疫力の低下や糖尿病などのげんいんにもなりますので、体脂肪を減らして健康的に痩せるためには一番やってはいけないことです。

まずは食物繊維を多く含む野菜や海藻などから食べるようにすると、血糖値がグィーーンと上がりにくいうえ食べ過ぎ防止にもなり脂肪の吸収を抑え体脂肪を減らすことにもつながります。

■食べる順番に注意

食事をするときはやっぱり自分の好きな食べ物に飛びついてしまいますが、食べる順番を意識することが大事です!

何から食べるか?を変えるだけで、太りやすくなるかどうかも違ってきます。

まずは汁物から始まり、野菜やきのこなどの食物繊維・肉や魚などのタンパク質・ご飯やパン・麺など糖質の順番がおすすめです。

■よく噛む

食事の際は1口ごとに最低30回噛むようにしましょう。
だんだん慣れてきたら50回くらいに増やしてみてください。

一口分を口に入れたら、いったん箸を置くのがうまくいくコツです。

しっかり噛むことによって満腹感も大きくなり食べ過ぎを防ぐことができますし、血糖値の上昇も緩やかになるんです。

早食いは脂肪や糖の吸収を高めてしまいますので、とにかくよーく噛んでください。

表情筋も活性化して、シワやたるみの防止にも役立つという嬉しいメリットもあります^^

■ご飯は昼食に

ご飯やパン・麺類など炭水化物は太りやすいので、朝昼晩いつがいいか?で決めるならダンゼンお昼です。

お昼から夕方頃までは体の代謝も上がっていますので、太りやすい炭水化物を食べるのにちょうどいいです。

ご飯などの炭水化物はダメ!太る!ということではなく、食べるタイミングや量をうまく調整する方法が良いと思います。

最近は炭水化物を全く食べない人も多いですが、全く食べないのは脂肪燃焼がうまくいかないとも言われていますのでうまく食事にとりいれてくださいね。

■食事回数を増やす

一般的には1日3回の食事が普通ですが、食事の量を6分目くらいに減らしその代わりに回数を4~5回に増やす食べ方は体脂肪を落とすのに良い方法です。

食事の間隔が長くあきすぎると、ものすごくお腹がすいて血糖値が下がります。

ようやく食事!となるとお腹がすいている分食べ過ぎてしまう傾向にありますし、血糖値が急激に上昇し脂肪をため込みやすくなってなってしまいます。

食事の回数を増やすことで空腹感もそれほどなく楽に過ごせますし、血糖値の上がり方も緩やかです。

おわりに

食べたい気持ちを抑えるのってとっても大変なことですが、自分のなりたいイメージを想像することで気持ちを切り替えることができます。

ガマンするのではなく目標に近づくために食事コントロールをしているんだと気がつくと、体脂肪を落とすのもそれほど難しくないのではと思います。

最初は大変ですが理想のスタイルに近づけるよう頑張りましょう^^

sponsored link